ブンボーグA(エース)他故壁氏が、文房具を中心に雑多な趣味を曖昧に語る適当なBlogです。
小生は、気分や用途によって筆記具を替える性格です。
紙も同じで、筆記具によって、また状況によって、紙質の違うものを使いたいと思うことがよくあります。

登場する機会は決して多くはないのですが、手放せないラインナップとして、ジョッターペンケースに収め毎日持ち歩くようになった、新製品でない筆記具たちがあります。

まずは、パーカー5th“インジェニュイティ”。



以前から興味はあり、店頭での試し書きなどがあればいろいろ書き込んでは「うーむ」と腕組みして去って行った製品です。
こうして実際に使用してみても、正直に言えば「価格に見合った感動」はありません。

この“インジェニュイティ”は定価20,000円(税抜)。
レフィルが1,000円(税抜)。
そして書き味は、ミリペン。ピグマとか、ドローイングペンとか、マルチライナーとか、ああいうポーラスチップの水性ペン。
でも、製図やイラストに使用されるミリペンと異なり、インクのフローはムラがあります。



もう発売されて永いので、いろいろなところで散々レビューされているとは思います。
黒インクはそうでもないかもしれませんが、小生が好んで使っているターコイズブルーでは、「書き始めた行」と「最終行」で明らかに書かれた文字の色が異なります。
リフィル内部でペン先に対するインクの供給が追いついていないのですね。



よくインクを吸う紙でこの状態ですので、インクをあまり吸わない滑らかな用紙を使用すると、「一行目」と「二行目」ですでに色が違ってきます。
ターコイズブルーは使い始めたばかりのため、まだペン先が減ったという実感はありません。でもここから先、どんどんペン先が減って潰れて、線が太くなっていくのでしょうね。

なんだか弱点だらけの製品のように感じられるかもしれません。
でも、他の筆記具にはない味わいがあるのもまた事実です。
「紙にインクが染みていく」様が大好きな小生にとって、パーカー5thはけっこう好きなペンなのです。
ミリペンの多くが水性顔料を使用し、書いても紙に染み込んだ感じがしないのと対照的に、パーカー5thはミリペンの感触なのにインクが紙に染みていきます。かなりたっぷりと。
そこをパーカーは「万年筆的ななにか」と考えているのかもしれません。
あとは、このターコイズブルー(ブルーと言っておきながらかなりグリーン寄り)が、今の小生の気分にぴったりなんです。いい色だなあ。

でも、ペン先が減ったり潰れたりして線が太くなるのは嫌だ。
ただ、インクは紙に染みて行って欲しい。
そういう、万年筆じゃなくて、インクを使うペン。
普段使いで持ち歩くことのできるペン。
この小生のつまらない希望を叶えてくれるのが、ぺんてるのセラミクロン500です。



1980年代の筆記具ですね。もう生産終了して永いので、現在店頭では入手不可能です。
「ブンキョウ・ブングジャム#8」『ぶらりタコ歩き2015』で訪れたシナノヤ文具で購入し、今でも現役で使用しているのですが、これが上記の小生の希望にドンピシャなんですね。



ペン先はセラミックです。
ミリペン構造ですが、フェルトチップではないので減ったり潰れたりせず、最後まで同じ筆記幅を保ちます。
インクは水性染料です。耐水性はありませんが、実に黒々としていて、しかもしっかり紙に染みていきます。

パーカー5thは何でも書く用で、決まった出番があるわけではありません。ですが、セラミクロン500は週に一度かならず活躍する場があります。
月曜日に会社に行き、席について、最初にするのは──その週のToDoを確認することです。
コレクトの5×3カード「C-532補助6ミリ罫 両面」を取り出し、そこにチェック用の□を書き込みます。使用するテンプレートは、ノックスブレインのカードサイズスタイルテンプレートです。このチェックボックス4つが、6ミリ罫線に合うように配置されているのです。
ここにペン先を入れて□を4つ書き、さらにカードをずらしてその下に4つ、□を書き入れます。



このテンプレート、実に重宝しているのですが、金属製のためにボールペンで使うとチップを傷めてインクのぼた落ちを招いてしまいます。
手近にシャープペンシルがあればそれでいいのですが、「枠」ですので、何となく消えない(消せない)ペンがいいなあ、と思っておりまして。
セラミクロン500が手許に来て、チェックボックスを書くことにためらいがなくなりました。本来の製図ペンとしての使用方法だ、と言われてしまえばそれまでなのですが。

実はこのセラミクロン500、一般筆記具としてはあまり書き味がいいほうではありません。
紙によってはかなり引っかかりますし、21世紀に生まれた優れた筆記具たちと較べてしまうのも酷な気がします。
それでも、やっぱりこの感じが好きなので、普段から持ち歩いてチェックボックス以外にも使ってしまうのですよね。

このセラミクロン500については、その思いを短編小説にしております。
だいもんさんの主催する文房具アンソロジー同人誌に収録される予定ですので、また詳細が決まり次第ここでご報告させていただきます。

拍手[2回]

    
本日は有給休暇をいただいて、毎年恒例の確定申告。
無事に書類も受理してもらい、ほっとした帰り道。
「そういえば、この角を駅方面と反対に曲がると文房具店があったなあ」
というわけで、普段は訪れない文房具店を訪れてみました。
これといって何もレーダーに引っかからなかったら、我が家でいちばんの消耗品であるコレクトの5×3カードを買って帰ろう──などと思って店内を眺めてみたら。

ちょっとまって。
これを今、売ってるの?

店内は最新の文房具にアップデートされ、学童から事務用品、その他さまざまなお客様のニーズに応えられそうな品揃えで。
決して死蔵した商品が棚で埃を被っているようなお店ではありません。
それなのに、パンチやブックエンドが整然と並ぶ中、このパッケージだけがまるで違和感まるだしで置かれていて。



まあ買いますよね。
小生にとって、思い出深いシリーズ文具ですし。
窓の部分のセロファンが劣化して破れ消えてしまい、中が埃だらけだったとしても。



パイロットコーポレーションがまだ「株式会社パイロット」だったころに展開していた合体文具シリーズ、「NEWS」です。
ペンと定規、ステープラーとテープカッター、ハサミとカッターなど、ふたつの機能を合体させた文具を出していたのです。



この製品の名は、ブッケンドルダ。
ブックエンド(A5判程度の大きさの本立て機能)とカードホルダ(カードなどを6枚立てておけるスタンド機能)を合体させたものです。
裏面を読むとカードホルダ部分の説明に「名刺、伝票、メモ、週間(6日分)情報カード等を」と描かれているのが時代ですねえ。まだ週休5日制が定着していなかったころの製品です。



アクセスノートブックポケットを立ててみました。



実用に問題はないので、このまま自宅で使う予定です。
まあ、定価だった(2,500円+税!)のがちょいと痛い出費になったのは事実なのですが……でも、想い出には敵わないですよね。まさに四半世紀前に愛用していた製品ですので。
今度は大切に使いますね。

拍手[2回]

    
日曜日に友人とMovixさいたま新都心で『宇宙戦艦ヤマト2202』を観た帰り、車を出してもらえたので、ふだん行かない郊外の大型文房具店へお邪魔して参りました。



ロフトさいたま新都心店で、「すみっこぐらし」のたこウインナー。
事務キチ浦和店で、ミツヤのスクラップ・オブ・イレーサーと、3Mのポップアップ付箋詰め替え用を。



このミツヤのお買い得消しゴム、見つけるたびに購入しているのですが、最近はこんなカラフルな消しゴムも入るようになったんですね。
以前は白一辺倒だったのですが。
しかし本当にこの訳あり消しゴムたち、よく消えます。本当に好みの柔らかさで、消しかすが糸状にまとまって……

しかし、この色は……



よもや……そりゃよく消えるはずだ……

拍手[1回]

    
今の職場ではありませんが、10年ほど前にいた職場では毎日のように大量の修正テープを使用する仕事を行っていました。
売上のための用紙に修正テープで空白を作り、そこに価格を価格表から転記して入力部門に回送する作業です。
5ミリや6ミリ幅のテープで修正できる幅ではないので、二度から三度ほどテープを引く必要がありました。
そして、その上からボールペンで価格の数字を書き込みます。
重ね引きされたテープは手で押しつけても浮きが多く、その上からボールペンで文字を書くとどうしても破れてしまいます。そもそも連続で引くとヘッドのエッジがすでに引かれていたテープを削ってしまい、隙間なくテープを引くことも困難だったことを思い出します。

あれから10年。
職場も変わり、修正テープを使う機会もめっきり減りましたが、小生の記憶の中では「それでもきっと今では修正テープだって進化しているはず」という気持ちが消えませんでした。
ハイテックCのようなニードルポイントのゲルインキボールペンでも削れない修正テープが。
連続で貼ってもヘッドで削れたりせず、段差なく綺麗に貼れる修正テープが。
今ならきっとあるはずだ、と。



プラスの修正テープ「ホワイパースライド」は、そんな小生の夢を具現化したような製品です。
パッケージに燦然と輝く「ペン先で削れにくい新テープ」!



ボディは以前からあるホワイパースライドと同一です。



ヘッドはローラーが改良され、重ね引きに強くなりました。
ほらほら! 小生が望んでいた機能が実装されてる!
引いてみると、ギア音とともにするりとテープが紙面に転写されます。充分軽いです。
裏返して一文字修正も、以前のホワイパースライド同様に可能です。



そして実際に、修正テープの上から書いてみました。
過去の修正テープで破れがちだった、ニードルポイントタイプのゲルインキボールペンです。
上からエナージェル0.5ミリ、ハイテックCマイカ0.4ミリ、そしてジュースアップ0.3ミリ。
左がホワイパースライド、右がモノエアーです。
公平を期すため、引きっぱなしで上から押さえたりはしていません。
そして文字はすべて慎重に書いています。破ろう! と思って書いてはいません。

ホワイパースライドのテープは書いていて危なげがありません。修正テープでよく感じる「テープの浮き」がないのです。
表面には光沢があるのですが、これが破れにくさを産み出すコーティングの結果なのでしょうか。
ジュースアップ0.3ミリで書いても破れないというのは本当に驚嘆です。
たまたま写真ではモノエアーが使われていますが、ホワイパースライド以外の我が家にある修正テープ6種類、すべてジュースアップ0.3ミリは何らかの形でテープ削れたり破れたりしてますから……。



そして重ね引きもまったく崩れません。
上から万年筆で書いても破れない! この安心感!
というわけで、今回のホワイパースライドの改良は小生にとって(正確に言えば「10年前の小生にとって」)ドンピシャである、と言えます。
ボディが新製品らしくないのでまったく目立たない製品かもしれませんが、これは実にいい修正テープです。以前のホワイパースライドをお持ちの方は、カートリッジを交換することをお勧めします。

修正テープをペン先で破ってしまった経験のある方。
重ね引きをよくする方。
いちどお試し下さい。
あとギアマニアの方も!

拍手[2回]

    
ネットでニュースを見たときから、欲しくてたまらない製品がありました。
初回の申し込みは日にちを間違えて憶えていて、応募すらできませんでした。
そして、第二回の予約生産のお知らせが。
小生は予約開始時刻ぴったりにアクセスするために、ドトールでMacBookAirを開いてその瞬間を待ちわびていました。

そして、予約。
約1ヶ月後、それは届きました。



「ガラス瓶」と書かれた送り状。幾重にも緩衝材に包まれ、その中から出てきた化粧箱は、想像していたよりも軽いものでした。



コニック瓶
インクを少量入れておく、つけペンのためのインク瓶です。



インク瓶と、ガラスの蓋と、スポイト。
実にシンプルな製品です。
使い切るだけのインクを溜める瓶ですから、大きいものではありません。
ただ、あまりに小さく軽いものでは、ペン先でインクを取るときの安定感がありません。
重すぎず、それでいて安定感がある。
蓋を含めると、実測165グラムです。



本体は122グラム。
ガラスは透明度が高く、インクの残量も、ペン先がどこまで入るかも側面から窺い知ることができます。



インクを取り、ペン先を軽く拭いながら瓶から出す──それでもコニック瓶は動きません。
うちにあると思い込んでいたので、インク(ここではまんが用のインクを指しますので、小生はパイロットの製図用インクを買ってくるべきだったのです)を入れての撮影と試用ができなかったのが悔やまれます。



万年筆用のインクならたくさんあるのですが、コニック瓶はまんが専用にしようと心に決めているので──今日はここまで。
ふだん嫌っている「開封の儀」だけになってしまったのが大変心苦しいです。
うーむ。
明日はインクを買ってこよう!

ここからは宣伝です(^▽^)
今年、小生は国際文具・紙製品展(通称ISOT/イソット)にて「文具PR委員会」なるものに参加することになりました。



会期の内外を問わず、文房具について熱く語って参りたいと思います。
要するに以前と変わらない訳ではありますが、ちょっとサボり気味だったブログの更新も、もうちょっと頻繁にやらねばなるまい、と心に誓うのでした。
がんばりますよ。

拍手[3回]

    
プロフィール
HN:
他故壁氏
HP:
性別:
男性
趣味:
文房具/小説/写真
自己紹介:
読み方:Tako Kabeuji
所属:ブング・ジャム
POWERTAC
Project T.A.C.
小説執筆時PN:楽光一
読み方:Tanoshi Kouichi
身長:168cm
体重:59kg
Twitter:takokabeuji
mixi:227981
facebook:takokabeuji
カウンター
カレンダー
03 2017/04 05
1
2 3 4 5 6
9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[04/02 ヒロ]
[02/06 龍]
[02/05 龍]
[01/24 輪音]
[03/26 多機能ペン好き]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © powertac.blog.shinobi.jp All Rights Reserved. 忍者ブログテンプレート