ブンボーグA(エース)他故壁氏が、文房具を中心に雑多な趣味を曖昧に語る適当なBlogです。
新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。



ことしの抱負も昨年同様、「まじめに生きる」です。
仕事も趣味も家庭も、誠実に着実に向き合い楽しんで過ごして参りたいと思っております。

他故壁氏としては、ブング・ジャムの名前でもう少し活動増やしたいですね。
楽光一としては、夏に向けまた新作小説が用意できるといいかな、と。
家族とは、たまには揃って温泉旅行とか行ってみたいし。
仕事は……もちろん頑張りますよ!

新年早々『ローグ・ワン』観て、創作とは何かを考えたりしている小生でした。
考えることは楽しいものです。
そして考えたことを形にするため、文房具を駆使することもまた楽しいです。
インプットとアウトプット。
経験と思考と行動と。
生きている実感を得るためにも、可能な限り走り続けようと思います。

拍手[1回]

    
というわけで、はやいもので2016年も残り僅かです。
拙ブログを閲覧してくださった皆様、今年は本当にありがとうございました。

8月から11月の3ヶ月ほど、とにかく公私ともに忙しくブログを更新できない日々が続きました。
でも、それもつまりは気の持ちようで。
やりたいことを、限られた時間の中でやる。その優先順位のつけ方を変えることによって、12月からブログの更新も復活することができました。

やりたいことを、限られた時間内でやる。
当たり前のことです。
その当たり前のことができないとき、ひとは疲れていたりなにかを見失ったりしているのだと思います。

とある読者様から「さいきんブログ更新ないですね」と訊かれたとき、小生はいろいろ言い訳を口にしました。
そしてその言い訳がすらすら出てくる自分に嫌悪したのです。
「好きでやっていることなのに、できない理由が用意されているってどういうことだ」と。

8月に更新が止まってから12月に復帰するまで、特筆すべき出来事がありました。
それを日取りを遡って記載するのは簡単です。
でも、「凹んでいた時期があった」こともまた事実です。
過去エントリを上げてそこを埋めるのではなく、この2016年最後のエントリにその出来事をそっと掲載し、今年の締めくくりとしたいと思います。

2016年8月27日、土曜日。



品川区、コクヨホール。



「シナガワ・ブングジャム」開催。



ブング・ジャム10周年記念の会であり、過去最大の150名の参加者で溢れかえりました。



お土産の量も過去最大です。



ブング・ジャム10周年記念同人誌『文具の研究と表現』も会場で頒布されました。
これこそが2016年最大の出来事であり、喜びの瞬間でもありました。
参加された皆様、本当にありがとうございました。
来年は11周年です。また夏には開催を予定しておりますので、宜しくお願い申し上げます。

拍手[2回]

    
というわけで、今日は小生の誕生日でした。
おめでとー。



誕生日プレゼントとして、ムスメから新作消しゴムはんこをいただいてしまいました。



さっそくツイッターのアイコンをこれに変更しました。



いっしょに「近所のファミマの開店記念でもらったから」という理由でボールペンももらいました。
ぺんてるメキシコ製らしいですよ。珍品ですかね。
いずれにせよ、ありがとう! ムスメ!

拍手[2回]

    
パイロットからついに折れないシャープが発売されました。



モーグルエアーです。
「モグって折れない。」をキャッチコピーとして、折れないシャープ戦争に真っ向から勝負です。



現行の、「折れない」ことを売りにしたシャープペンシルたち(すいません、このジャンルの元祖たるオレーヌが行方不明で……)。
ぺんてる・オレンズ。
ゼブラ・デルガード。
三菱鉛筆・クルトガパイプスライド。
パイロット・モーグルエアー。
それぞれに個性的な長所があります。

オレンズの武器は、他社にない0.2ミリという強烈に細いシャープ芯。
もともとパイプから出ているだけで折れてしまう0.2ミリ芯をまともに筆記に使うための策として、「パイプをスライドさせ芯の露出を最低限にする」折れない機構=オレンズシステムが必要だったわけです。

デルガードは逆に、「0.5でも折れちゃう高筆圧のひとのための」どうやっても芯が折れないシステム。垂直の力にはユニットが潜って衝撃を吸収、斜めの力にはユニット先端がせり出して芯をガードします。

クルトガパイプスライドは、オレンズ式と呼べるでしょう。「パイプから出てなければ折れないよね」というスタンスで、パイプが伸縮して芯を守り続けます。結果、ワンノックでの筆記距離がぐんと伸びました。



モーグルエアーは、そういう意味ではデルガード式です。
垂直の力にはユニットが潜って衝撃を吸収します。
斜めの力も潜って吸収すればええやん、ということですね。
そしてパイプはスライドしません。
2ノックまでを推奨しているので、他社3種の中ではワンノックの筆記距離が短い、とも言えます。
これをカバーしたのが、パイロットお得意のフレフレ機構です。
振って芯が出るフレフレを内蔵したことで、戻ってノックするよりは速い速度でリズムに乗って芯を出すことができます。

上記4社のメリットを簡単に言うと、こんな感じでしょうか。

・オレンズ:0.2ミリという強烈に細い芯で細かく書きたい方に。パイプに紙が当たっていても気にしない方に。
・デルガード:0.5ミリでも必ず芯が折れるという高筆圧の方に。パイプが紙に当たる瞬間があっても気にしない方に。
・クルトガパイプスライド:0.5ミリでも常に安定した筆記線が欲しい方に。ノック数が少なくたくさん書ける機能が欲しい方に。パイプが紙に当たっていても気にしない方に。
・モーグルエアー:0.5ミリでも必ず芯が折れるという高筆圧の方に。パイプが紙に当たるのが嫌な方に。フレフレ機構が好きな方に。

ここまで書いておいて何なのですが、小生は筆圧を数年かけて矯正した結果、0.3ミリでもほぼ芯折れを起こさないほどに筆圧をコントロールできるようのなりまして。
なので、実はことさら「折れない!」を協調する機能は必要ないのです。
でも、昔むかしの「芯が潜ってクッションが効いていたシャープペン」の感触が好きだったので、こういう機能戦争には決して無関心だったわけではありません。
あと、パイプが紙に当たるの嫌いなんですよね……。

身体にフレフレが染みついている関係から、モーグルエアーの登場は大歓迎です。
ずいぶん使用頻度は少なくなってしまいましたが、それでも今でも絵を描くときは鉛筆かシャープペンが必要な身体です。
今後はペンケースにモーグルエアーを忍ばせておきましょうかね。

拍手[4回]

    
昭和の終わり頃から平成初期の話です。
大学時代、もっとも通った文房具店がお茶の水にありました。
記憶が確かなら、その名は「御茶ノ水コピーセンター」だったはず。



今はサイゼリヤになっています。



中に入ると、壁の形に名残があります。
レジとキッチンになっている奥の場所は、以前はカウンターになっていて大型コピー機がずらりと並んでいた位置です。
コピーセンターという名前でしたけど、ただコピー機があって学生が勝手に使うタイプではなく、データ出力センターのような作りでコピーを取ってもらう仕組みだったような記憶があります。
小生はここにコピーをしに来たのではなく、入り口からぎっしり並んでいた文房具を求めてやってきていた客なので、実はここでコピーを取ったことはないのです。

そして、ここで買ったとはっきり憶えている文房具が、まだ部屋の棚に刺さったままになっています。



PLUSのラブロです。
A4判4穴、ボディはベルトで固定され、金具は剥き出しという野心的デザインのバインダーです。
チームデミから一気に「文房具界のトレンディスター」となったPLUSは、1980年代後半から1990年代にかけて、実に個性的なデザインの文房具を多数、世に送り出しました。



それがまあ今では樹脂の劣化も激しく。
こういうデザイン文具を四半世紀以上使い続けるとは、バブル時代の日本人は思いも寄らなかったのかもしれません。



開けてみると、クリアファイルに吃驚するようなものが入っておりました。



当時の同人誌の原稿です。
奥付に「平成5年(1993年)8月16日 第一刷発行」と書かれています。
藤田和日郎先生の『うしおととら』ファンブック『青鳥軒2』ですね。
小学館スーパークエスト文庫で『うしおととら』小説版が発売になり、それを当時の小生が作者(城池勝幸=中山文十郎先生)にインタビューしたのです。

懐かしすぎます。
こういうものがさらッと出てくるのがまた恐ろしいですね。
ラブロの発売が1991年。たぶん入手もその年か、遅くとも翌年でしょう。
タイミングは合っています。
きっと、気に入っていたんだと思います。ラブロが。
再生紙のコピー用紙に4穴あけて挟んであるのですが、A4縦4段組の文字スケールが印刷されている紙は今にも枯れ葉のように砕け散るのではないかと思うほどに茶っけております。

バブルをいっしょに越えてきたラブロを使うことは、もうないかもしれません。
4穴開けるの面倒ですし。
でも、それでもなお、捨てるには惜しい想い出が詰まった製品です。
あの時代の匂い。
サイゼリヤにもあった、あの時代の匂い。
日本で一番落ち着くサイゼリヤを見つけました。次はラブロを抱えて行ってみようかと思っています。

拍手[0回]

    
プロフィール
HN:
他故壁氏
HP:
性別:
男性
趣味:
文房具/小説/写真
自己紹介:
読み方:Tako Kabeuji
所属:ブング・ジャム
POWERTAC
Project T.A.C.
小説執筆時PN:楽光一
読み方:Tanoshi Kouichi
身長:168cm
体重:59kg
Twitter:takokabeuji
mixi:227981
facebook:takokabeuji
カウンター
カレンダー
01 2017/02 03
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
[02/06 龍]
[02/05 龍]
[01/24 輪音]
[03/26 多機能ペン好き]
[03/26 多機能ペン好き]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © powertac.blog.shinobi.jp All Rights Reserved. 忍者ブログテンプレート