ブンボーグA(エース)他故壁氏が、文房具を中心に雑多な趣味を曖昧に語る適当なBlogです。
イタリアンプリンで脳にエネルギーを供給しながら、午後の優雅なひとときを。

サイゼリヤにて

iPadで小説を読むことも慣れました。

拍手[2回]

    
午後の優雅なひととき。
iPadで小説を読み。
MoleskineにハイテックCコレトで感想を書き込み。
選んだ器に入れてもらった、挽きたて淹れたてのマンデリンで一息つく。

20101001喫茶店ぶなにて

ああ、なんて幸せなんでしょう。
デジタル、アナログ、珈琲。休日を彩る三種の神器。
まったり生きたいですよね。まったり。

拍手[2回]

    
書物を読むカテゴリーが「小説を読む」しかないので、それにしちゃいますが。
小説ではなく、評伝です。

『星新一 一〇〇一話をつくった人』

『星新一 一〇〇一話をつくったひと』最相葉月・著(新潮社)読了。

星製薬社長の長男という生まれ。科学で育った青春時代。戦後、会社を継ぎ、そして苦悩の末の離脱──その後も作家になったからといって、順風満帆ではない人生。
とくに「ショートショートの第一人者」と呼ばれながらも文壇から無視され続け、ついに文学賞を手に出来ず迎えた晩年を描く後半は、予想以上に重い内容になっていきます。
苦悩。挫折。そして衰退……。

評伝ものの面白さは、時代小説を読むがごとく「おお、この人がこんなところでこんな風に関わっていたのか!」という驚きの部分。
堪能いたしました。小生の勉強不足で知らなかった、いわゆる「日本のSF黎明期」も本書で知ることができましたし。

これであとは世田谷に行って、ホシヅルを手にいれれば完璧ですか?
星新一展』は世田谷文学館にて、4月29日から6月27日まで開催されます。

拍手[0回]

    
古くからの知り合いで、公私共にお世話になった小説家の中里融司先生がお亡くなりになったそうです。

まだお若かったし、小説も好調だったのに。残念でなりません。
慎んでお悔やみ申し上げます。

もう先生と、あの楽しいカラオケも飲みもできないのですね。
寂しい限りです。

拍手[1回]

    
およめさんから、面白いと評判の同人誌を借りています。
某漫画作品の二次創作小説です。
これが面白い。
勢いがあって。キャラを的確に掴んでいて。不要と思える描写はばっさり切って。
小生、目から鱗ですよ。
いまの小生に足りないのは、「キャラの勢い」。そして「読者が納得いく一体感」。
二次創作であることを割り引いたとしても、このキャラ運び、そしてシナリオの上手さ。
負けました。完全に負けました。
そして一念発起するのです。
いいところは全部盗んでやる! と(笑)
赤入れした拙著を全面改稿です。
ぜったいに面白くしてやる!

拍手[0回]

    
プロフィール
HN:
他故壁氏
HP:
性別:
男性
趣味:
文房具/小説/写真
自己紹介:
読み方:Tako Kabeuji
所属:ブング・ジャム
POWERTAC
Project T.A.C.
小説執筆時PN:楽光一
読み方:Tanoshi Kouichi
身長:168cm
体重:59kg
Twitter:takokabeuji
mixi:227981
facebook:takokabeuji
カウンター
カレンダー
03 2017/04 05
1
2 3 4 5 6
9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[04/02 ヒロ]
[02/06 龍]
[02/05 龍]
[01/24 輪音]
[03/26 多機能ペン好き]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © powertac.blog.shinobi.jp All Rights Reserved. 忍者ブログテンプレート