ブンボーグA(エース)他故壁氏が、文房具を中心に雑多な趣味を曖昧に語る適当なBlogです。
新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。



ことしの抱負も昨年同様、「まじめに生きる」です。
仕事も趣味も家庭も、誠実に着実に向き合い楽しんで過ごして参りたいと思っております。

他故壁氏としては、ブング・ジャムの名前でもう少し活動増やしたいですね。
楽光一としては、夏に向けまた新作小説が用意できるといいかな、と。
家族とは、たまには揃って温泉旅行とか行ってみたいし。
仕事は……もちろん頑張りますよ!

新年早々『ローグ・ワン』観て、創作とは何かを考えたりしている小生でした。
考えることは楽しいものです。
そして考えたことを形にするため、文房具を駆使することもまた楽しいです。
インプットとアウトプット。
経験と思考と行動と。
生きている実感を得るためにも、可能な限り走り続けようと思います。

拍手[1回]

    
というわけで、はやいもので2016年も残り僅かです。
拙ブログを閲覧してくださった皆様、今年は本当にありがとうございました。

8月から11月の3ヶ月ほど、とにかく公私ともに忙しくブログを更新できない日々が続きました。
でも、それもつまりは気の持ちようで。
やりたいことを、限られた時間の中でやる。その優先順位のつけ方を変えることによって、12月からブログの更新も復活することができました。

やりたいことを、限られた時間内でやる。
当たり前のことです。
その当たり前のことができないとき、ひとは疲れていたりなにかを見失ったりしているのだと思います。

とある読者様から「さいきんブログ更新ないですね」と訊かれたとき、小生はいろいろ言い訳を口にしました。
そしてその言い訳がすらすら出てくる自分に嫌悪したのです。
「好きでやっていることなのに、できない理由が用意されているってどういうことだ」と。

8月に更新が止まってから12月に復帰するまで、特筆すべき出来事がありました。
それを日取りを遡って記載するのは簡単です。
でも、「凹んでいた時期があった」こともまた事実です。
過去エントリを上げてそこを埋めるのではなく、この2016年最後のエントリにその出来事をそっと掲載し、今年の締めくくりとしたいと思います。

2016年8月27日、土曜日。



品川区、コクヨホール。



「シナガワ・ブングジャム」開催。



ブング・ジャム10周年記念の会であり、過去最大の150名の参加者で溢れかえりました。



お土産の量も過去最大です。



ブング・ジャム10周年記念同人誌『文具の研究と表現』も会場で頒布されました。
これこそが2016年最大の出来事であり、喜びの瞬間でもありました。
参加された皆様、本当にありがとうございました。
来年は11周年です。また夏には開催を予定しておりますので、宜しくお願い申し上げます。

拍手[2回]

    
この冬のまんが大会は、本当に楽しい即売会となりました。



今回の新刊は『解決タマモンが文房具で何でも解決する』。
文庫サイズ92ページ、頒価300円でした。



正直なところ、会場は西館ということで、東館ほどの入場者が望めない関係からあまり本が売れないのではないかと思っておりました。
──開始40分で1冊目が売れたとき、小生は何かに気づきます。
「もしかして、事前情報のないフリーの方が覗きにきてくれている?」
その予感は的中しました。
お誕生席という恵まれた場所、列番号を確認するためにこちらを見るひと、そしてポスターの文面を目に留め「おや?」と足を止めるひと。
過去の参加例で、こういう足の止め方をされた経験はありません。
間違いなく、お誕生席という場所が効果的に活きています。
それもこれも、卓上に掲げたポスターのお陰です。
そして、文房具というパワーワードのお陰です。



いちばん嬉しかったのは、手にとって試し読みをされ、買わずに立ち去るお客様が多数いらっしゃったこと。
これはネット等で「(無名)同人作家・楽光一」あるいは「(無名)文房具マニア・他故壁氏」をご存知ない方が多く足を止め、小生の作品に触れて頂いた証拠でもあるのです。
本当に嬉しいことです。
そして結果として、夏とほぼ同量の同人誌をみなさまの手許にお届けすることができました。

■2016冬(12月30日)実績:合計冊数21冊
新刊『解決タマモンが文房具で何でも解決する』
 14冊
既刊『泣き虫ウエイトレス彩の目がぐるぐるする時、そこには文房具があるのだ。』
 2冊
既刊『ペンアイランドへようこそ!』
 2冊(バックナンバー完売)
既刊『軌道天使アイリス』
 2冊
既刊『ドロカッパ!』
 1冊

参考までに、前回の記録など。

■2016夏(8月14日)実績:合計冊数24冊
新刊『泣き虫ウエイトレス彩の目がぐるぐるする時、そこには文房具があるのだ。』
 14冊
既刊『ペンアイランドへようこそ!』
 6冊
既刊『軌道天使アイリス』
 1冊
既刊『ドロカッパ!』
 1冊
既刊『タマシイガアル』
 2冊(バックナンバー完売)

お買い上げいただきました皆様、お出で頂きました皆様、本当にありがとうございました。
楽光一は世界一の幸せものです。

拍手[1回]

    
今年ももうすぐおしまいですね。
盆と正月、と言えば一般的な日本人にとって心安まるお休みの時期。
同人作家にとっては、季節労働者の如く厳しい〆切と戦う時期でもあります。

というわけで、今回もまんが大会用の新刊が刷り上がってきました。



12月30日(金曜日)東京ビックサイト西ホール、の-08b「Project T.A.C.」にて、新刊を頒布いたします。
タイトルは『解決タマモンが文房具で何でも解決する』。読み切り短編小説です。
300円(税なし)で宜しくお願い致します。
帯は自作ですが、つけるとグッと売り物っぽくなるから不思議です。

ここんところ、ずーっと文房具をメインの題材にした小説を書いて参りました。
前回、夏のまんが大会が『泣き虫ウエイトレス彩の目がぐるぐるする時、そこに文房具はあるのだ。』という小説でした。
その前の冬が『ペンアイランドへようこそ!』という小説で。
これで3冊連続の、文房具短編小説となります。

基本的に、どの作品も描いているのは「文房具を使う人間模様」です。

『ペンアイランドへようこそ!』は、大学生である主人公が大学の裏で見つけた文房具店で、ひとりの文房具好きの女子高校生と出会う話。
『泣き虫ウエイトレス彩の目がぐるぐるする時、そこには文房具があるのだ。』は、文房具好きの主人公が働く喫茶店に文房具を持ち込む客が現れて、いちいちその文房具に彼女が興奮して暴走する話。

そして今回の『解決タマモンが文房具で何でも解決する』では、中学二年の夏に主人公が遭遇するふたつの「運命の出会い」から始まる、彼女の成長とそれに寄り添う文房具の話です。

お時間ございましたら、ぜひ遊びに来て下さい。
宜しくお願い申し上げます。

拍手[0回]

    
というわけで、今日は小生の誕生日でした。
おめでとー。



誕生日プレゼントとして、ムスメから新作消しゴムはんこをいただいてしまいました。



さっそくツイッターのアイコンをこれに変更しました。



いっしょに「近所のファミマの開店記念でもらったから」という理由でボールペンももらいました。
ぺんてるメキシコ製らしいですよ。珍品ですかね。
いずれにせよ、ありがとう! ムスメ!

拍手[2回]

    
プロフィール
HN:
他故壁氏
HP:
性別:
男性
趣味:
文房具/小説/写真
自己紹介:
読み方:Tako Kabeuji
所属:ブング・ジャム
POWERTAC
Project T.A.C.
小説執筆時PN:楽光一
読み方:Tanoshi Kouichi
身長:168cm
体重:59kg
Twitter:takokabeuji
mixi:227981
facebook:takokabeuji
カウンター
カレンダー
12 2017/01 02
2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[03/26 多機能ペン好き]
[03/26 多機能ペン好き]
[03/25 多機能ペン好き]
[03/04 なみ]
[11/13 yukiminaakane]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © powertac.blog.shinobi.jp All Rights Reserved. 忍者ブログテンプレート