ブンボーグA(エース)他故壁氏が、文房具を中心に雑多な趣味を曖昧に語る適当なBlogです。
キングジムから6月16日に発売予定の新製品、「コンパック」。
コンパックと言えば、90年代最大のPC/AT互換機メーカーですよね。もうないですけど。
あのコンパックがキングジムから復活したのか! と思ったらそうではないようで、どうやら「二つ折りしても折り目がつかないファイル」らしい、と。

ああ、あれですね。
持ち歩きフォルダーSだ。

などとSNSに呟いていましたら、本家キングジム(の広報企業)から捕捉されまして、「ぜひサンプルを提供しますので使ってみて下さい」と。

というわけで、今回は珍しく、提供された企業サンプルによる記事構成です。



外観は持ち歩きフォルダーSと似たイメージです。A5ファイルサイズと言えばいいでしょうか。二つ折りの樹脂表紙とゴムバンドもライバルと同様です。
ただ、背に当たる二つ折りの部分が開閉を前提とした別設計の樹脂素材で、「おれはファイルだよ」と自己主張しています。

「ファイルとフォルダーは何が違うのさ」と思われる方は、日本ファイル&バインダー協会のHPをご参照下さい。



持ち歩きフォルダーSは紙を押さえるためのフラップが入っているだけの「フォルダー(折り曲げられたもの)」でしたが、コンパックはクリアホルダーが溶着された「ファイル(綴じ込まれたもの)」です。



開いたら右端を上方に回転させてみましょう。そうすると、コンパックがA4サイズのクリアファイルと同じ構造であることが理解できます。
A4縦となった状態で、上端から用紙の出し入れを行います。



提供されたサンプルは5ポケットタイプでした。
ぺらぺらとめくって閲覧する分には、確かに一般的なクリアファイルと何ら変わるところはありません。



つまり、コンパックはぺらぺらした紙を折らずに持ち歩く──それもクリアファイルに入れたまま、その用紙には触れることなく閲覧するための──コンパクトなクリアファイルである、と。
持ち歩きフォルダーSは、入れたままの閲覧は想定していません。何でもぽいぽい放り込んでおいて、使うとき(見るとき)は取り出して使うコンセプトです。
用途が違う製品だったんですね。

もらったフライヤーを持って帰るまで折らずにいたい、お薬手帳と薄手のノートをペンと一緒に入れておきたい、という「何でも入れちゃうわりと雑な」使い方なら、持ち歩きフォルダーS
資料を入れておきプレゼンでそのまま見せたい、常に閲覧するデータをプリントアウトしておきたい、期日の決まった提出用紙などを持ち歩いて忘れないようにしたい──といった「用紙としての品質を維持しつつ閲覧性の高い状態で携帯したい」という使い方なら、コンパック。
チケットや案内ハガキなど、出かけるときに必要最低限の情報を持ち出したい、A4サイズでも折れて問題ない用紙を持ち歩きたい、という「コンパクト至上主義」な使い方なら、オレッタ

それぞれ違いがあって面白いですね。
コンパック、小生だったらどういう場面で便利になるのか。
もうちょっと考えてみたいと思います。

拍手[1回]

    
コクヨが新しいお店を作ったというので、夕方てくてくと行ってまいりました。
ライフスタイルショップ&カフェ「THINK OF THINGS」です。



カフェは立派で、旨そうなものもたくさんあったのですが、今日は夕食直前ということもあって店内を見学のみで。
とりあえず、ここでしか買えないという触れ込みだった測量野帳関係を購入してまいりました。
期間限定ショップではないので、またその他はゆっくり見に来ようかと。



個人的な目玉はこれ。
測量野帳が10冊入る、専用の缶です。



こういう専用のものって、ホント悔しいですけど欲しいですよね。



もっとも、今回ここで買った店舗限定カラーの野帳を含め、うちにある野帳総てを収めるにはあと2つ缶が必要です。
また買いに行こうかな。

あと。
こういうべろーんとでかい一枚の革も購入してまいりました。



これは何かと申しますと──



測量野帳の専用革カバーです。
ただ単なる一枚の革をぐるりと野帳に巻くだけなのですが、小生が常日頃ノートカバーに感じていた問題点を見事に改善していて目から鱗だったりもするのです。



ノートカバーって、大抵は表紙を袋状になったカバーに填め込んで固定しますよね。
その際、カバーの裏側の革がノートの表面積を下回っていることがほとんどでした。
つまり、下敷きを入れない限り、必ず革の厚さ分だけ段差が生じていたのです。
でも、この一枚革を巻くだけの野帳カバーは、野帳のサイズに完全に合わせてあるため、記入面に段差が生じません。
「縫製の一切ない一枚革をカバーと言い張るのか!」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、これは手帳やノートカバーの最適解です。日常から書いて使っている人だけが思いつく視点です。
その代わり、外れやすい(ずれやすい)ことは事実ですので、そこは使用者側が納得して使うしかないですよね。
しかしながら、これでまた野帳を持ち歩く楽しみが増えました。
コクヨやるなあ。

拍手[1回]

    
現役のモデラーではありませんが、初代ガンプラ世代です。
「スミ入れ」という言葉だって知ってます。
でも、それって「筋彫りした溝にエナメル系塗料を塗り、溶剤で回りを拭いて溝に塗料を残す」ことだと解釈していました。
あとは、あまり細くは書けませんが、油性マーカーの極細でそーっと筋をなぞる方法。

つまり、小生は「プラモの塗料は塗ったら剥がれないもの」だと思い込みすぎていたのです。
よく考えたら、何で塗ったって何で書いたっていいですよね。飾っておくプラモのディテールアップになるなら。
そこが理解できないとは、つまり頭の硬くなった証拠なのでしょう。



だから、「シャープペンシルで筋彫りにスミ入れを」って言われてしまうと「は?」と首をかしげてしまうのです。
GSIクレオスから出ているガンダムマーカーのシリーズに0.3ミリのシャープペンシルがあるというので、慌ててゲットいたしました。



なるほど、シャープペンシルです。
0.3ミリの、製図用シャープです。
ぶっちゃけ、三菱鉛筆のM3-552です。



シャープペンシルでスミ入れしてもいいのですね。
まずそこが目から鱗です。
あと、0.3ミリのシャープなら何使ってもいいと思うのですが、そこであえてガンダムマーカーシリーズってのがいいですよね。
替芯もごく普通の筆記用シャープ芯に見えるので、やっぱり「あえて」がクるんでしょうね。あえて。
そしてシャープペンシルの品番が「GP01」ってのも、判ってるなあバンダイ……。

ともあれ、小生はガンプラを組みませんから、スミ入れシャープはそのまま筆記具としてラインアップに組み込まれることになりました。燃え上がれ!

拍手[0回]

    
紙にインキが染みていく様が好きです。
なので、油性より水性ボールペンのほうが好みだったりします。
万年筆もそうですが、表現しがたい快感を覚えるんですよね。
なので、インキが染みていかない紙に出会ったりすると「んもう!」と憤ったりします。

そんな小生ですから、水性ボールペンのインキ色バリエーションには不満があります。
通常筆記に使用する黒、赤、青あたりで止まってしまっているペンがほとんどなのですよね。
たまに海外製品ですと緑があったりすることもありますが、万年筆のインキのようなバリエーションはなかなか出会えなくて。

なので、万年筆のインキをコンバータで吸い上げて使うことのできる水性ボールペンの存在が、ちょっとした福音のように感じてしまうのです。



定番はエルバンのものかと思いますが、小生はこの透明オレンジのボディに惹かれてデ リブリスの製品を購入して参りました。



スクリュー式のコンバータが付属しておりますので、これで万年筆用のインキを瓶からダイレクトに吸ってあげればいいのですね。



インキはボディカラーに合わせ、ブングボックスの「浜名湖フレッシュみかん」を入れました。



書き味は硬質で、インクフローが安定しません。
最初はたっぷり出るのですが、書くにつれ線幅が減少し、ところどころかすれが出てしまいます。
かと思うと、急にまたフローが復帰して線幅が太くなったり。
インキとの相性もあるかと思いますが、今回はあまりいい印象を持つことはできませんでした。

ただ、たった一回の使用で「相性が悪い」と断定してしまうのも良くないかもしれません。

ペンとインキの相性は、ペンメーカーもインキメーカーも総ての組み合わせを保証することができません。
使ってみて上手くいかなかったら、そのインキを抜いて、違うインキで試してみる。
それでも駄目なら、付属のヨーロッパ共通規格のカートリッジを使ってみる。
そこまでしても手に合わなかったら──まあ、それはそれで致し方ないのでしょうね。

今回は入れたインキを使い切るつもりでいます。
もともと、このボディカラーに合うインキを持っていたからこそ、このペンを購入したのですから。
使っているうちに良くなる部分もあるかもしれません。
また、紙に対する相性ももっと種類を試す必要があるかもしれません。

いずれにしましても、使ってみないと判らないことだらけですよね。文房具って。
そこがまた楽しいのですけど。

拍手[1回]

    
手帳も好きですし、ノートも好きです。
5×3カードも愛用していますし、紙の質によって書き心地も異なるので、シーンに合わせて多種多様な用紙を選択したくなります。
でも、自宅や職場ならそれらの紙をずらり揃えておくこともできますが、こと外出先ではそういうわけにも参りません。

鞄の中味は可能な限り軽く、薄く、取り回しやすく。
それでいて、中の紙が満足できるだけ収納できなかったり、鞄に入れて移動している間に折れてしまったりするのも癪です。

まず、紙の大きさを想定します。
本当はA4サイズが欲しいところですが、実際にA4サイズを取り出して書こうとするとけっこうなスペースを要します。机も欲しくなりますよね。あと、紙の枚数が増えれば重くなりますし、クリップボードも用紙が折れない蓋つきを選択すると重量がかさみます。

というわけで、持ち歩き用はまずA5サイズから始めましょうか。
本当に大きな用紙が欲しくなったら、次策を練ることとして。

A5サイズで、いろいろな種類の紙を持ち歩きたい。
それも重くならない範囲で。
パンチ穴の開いていない紙もあります。保管先に合わせ、後でパンチすることも想定しています。
各種5枚を4種類くらい持つことができれば、一日の外出分は間に合うでしょう。足りなかったら、また別途紙の運搬方法を考えればいいので、ここでは上限20枚程度で考えます。

穴の開いていない紙も持ち歩きたいのですから、ルーズリーフバインダーなどの綴じ具系は除外です。
穴を開けず挟んで持ち歩く、クリップバインダーのみが候補となります。
机のないシーンでも──例えば立って書く、電車の座席で書く、取り出して書類を参照し、すぐまた鞄にしまう──そんな日常の行動にマッチングした製品を選択します。

そうなると、ほら。



手許には、リヒトラブのAQUA DROPsクリップファイルがやって来るわけです。



蓋を開けた状態です。
蓋はくるりと背面に回されますので、持ったままでも机上に置いた場合でも、まったく邪魔になりません。
蓋の背面にはポケットもありますので、ちょっとした紙片やハガキ、必要な小物を入れておくのに便利です。
ただ残念なことに、書き終えたA5サイズの用紙を入れてしまいますと、蓋を閉めたとき上端の綴じ具と用紙が干渉してしまいます。ご注意下さい。



綴じ具はスライド式です。
カタログスペックでは「ノートリーフ20枚」と記載されています。ツイストノートのリーフのことを指していると思われますが、カタログを見ても「上質紙」としか記載がなく厚さが判りません。一般的なコピー用紙と同等、というイメージで問題ないかと思いますが、皆様はご自分の用紙を実際に挟んで容量を確認してみてください。



綴じ具の下にカバーフラップがありますので、細心の注意を払わなくとも挟み込むときに紙を折ってしまう危険はありません。
通常よく目にするクリップボードと異なり、左辺と上辺に肉盛りがしてあり、用紙を曲がらずセットできる工夫もあります。セットした用紙が飛び出さないので、記入時の用紙のずれや、搬送時の折れ防止にも役立っています。

今は手許にある思考用紙を入れていますが、組み合わせは無限大ですよね。
例えば、クロッキーリーフや画用紙リーフを入れたり。
トモエリバーMDペーパーを入れたり。
無地だけではありません。罫線あり、方眼あり、何でもありです。
A5サイズの紙であれば、何でも好きな種類を持ち歩くことができます。

もちろん、書くだけではありません。
とりあえず資料を持ち出したい──というときは、半分に折って挟み込むのもいいですよね。
旅行に使うチケットやリーフレット、様々な紙にメモした紙片などもすべてクリップあるいはポケットに入れてしまえば、紛失を防ぐことにも役立ちそうです。

ノートやバインダーとは違った、軽量で便利なライティング/ファイリングシステムとしての活用が大いに期待できる製品です。
外はいい天気です。さっそく鞄に入れて、街に飛び出してみましょう!

拍手[1回]

    
プロフィール
HN:
他故壁氏
HP:
性別:
男性
趣味:
文房具/小説/写真
自己紹介:
読み方:Tako Kabeuji
所属:ブング・ジャム
POWERTAC
Project T.A.C.
小説執筆時PN:楽光一
読み方:Tanoshi Kouichi
身長:168cm
体重:59kg
Twitter:takokabeuji
mixi:227981
facebook:takokabeuji
カウンター
カレンダー
04 2017/05 06
1 2 3 4 5
7 8 9 10 11
15 16 18
22 24 25
28 29 30 31
最新コメント
[04/02 ヒロ]
[02/06 龍]
[02/05 龍]
[01/24 輪音]
[03/26 多機能ペン好き]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © powertac.blog.shinobi.jp All Rights Reserved. 忍者ブログテンプレート