ブンボーグA(エース)他故壁氏が、文房具を中心に雑多な趣味を曖昧に語る適当なBlogです。
2016年1月16日、土曜日。
NHK総合『超絶凄ワザ!』にて、実に興味深い番組が放送されました。
その名も「夢をかなえますSP 折れない赤鉛筆作って!」──実際の放映は「落下衝撃で芯が折れない赤鉛筆を作る」ことと「市販の赤鉛筆が折れないような鉛筆削りを作成する」ことの、二重のエピソードでした。
この時、「折れない鉛筆削り」に挑戦したのが、カール事務器株式会社です。

カール事務器は、日本初の手回し式鉛筆削りを発売した老舗です。実際に群を抜く高品質な製品を多数、世に送り出しています。
そのカール事務器が、限られた時間の中で試行錯誤を繰り返した「折れない赤鉛筆用鉛筆削り」への挑戦。

1)金属製のペンケースに6本の削られた赤鉛筆を入れる。
2)150センチメートルの高さから10回落とす。

「落下衝撃で芯が折れない赤鉛筆」(正確には「中心軸にずれがなく、軸である木と芯の間の隙間がないため中で折れにくい赤鉛筆」)を北星鉛筆に特注してもらった上での実験です。
結果は10回の落下で、2本の先端折れが発生しました。

番組を観ていた小生は「もういいだろう、これは無理だ」と思ったものです。
赤鉛筆の先端から出ている芯は、黒鉛と粘土を焼き固めた鉛筆のそれとは異なり、顔料と蝋や滑石などを混合したものです。柔らかいのです。缶ペンケースの中で当たって欠けても当然だと思うのです。

しかし、カール事務器は諦めていませんでした。
しかも、まさかの製品化です。
Anti-Break Color Pencilsharpener、その名も「XSHARPENER」。



ホームページには「限定販売数100個」とあります。
完全予約制です。
定価20,000円(税抜)。もうこれは鉛筆削りの(しかもこれは色鉛筆専用なのです!)価格ではありません。



中にはずらり、輝ける製品群が詰め込まれています。
中央に、XSHARPENER本体。
左には専用芯研器。
右には替刃ケース。
下には、推奨色鉛筆である三菱鉛筆のNo.2351朱が2本入っています。1本はカールカットに削られていて、もう一本は削られていない状態です。



本体は重厚で、見ていて惚れ惚れします。
まるでSF映画の小道具の一つのような──Appleではなく、SONYを連想させるデザイン。大河原邦男や宮武一貴を彷彿させるライン。



「見たことのある未来」からやって来た、未来の鉛筆削り──そんな印象があります。
替刃は貝印製です。



まずは1番ホール「プレカット」に色鉛筆を挿入します。
隙間、というものがほとんどありません。一切のブレがない、実にタイトな挿入口です。まるでピストンを押して空気を抜いているかのような、そんな手応えで奥まで差し込みます。
回転は実にスムースです。
回転軸にはB6701ZZベアリングをそれぞれ2個ずつ計4個格納し、回転のスムーズさと軸ブレを極力押さえ込んだ、と説明書にあります。
これは鉛筆削りの手応えではありません。まるで(想像の世界にある)精密機械の切削作業を手の中で行っているような、そんな錯覚に陥る滑らかさです。



ストッパーに触れて削り作業が完了すると、芯の出ていない台形の先端が発生します。
この後、芯を剥いていくわけです。



第2ホール「ファインカット」に先ほど削った色鉛筆を挿入します。
こちらはほんの数回、力を掛けることなくあっという間に仕上がります。



カールカットの完成です。



驚くほどの薄さで削りくずが発生しています。削りくずはおよそ0.17ミリメートルの薄さになるよう調整されています。



大人になると、赤鉛筆を使う機会も減るかと思います。
小生は小学生の息子がおりますので、XSHARPENERの活躍の場は日々存在します。
しかし、この削り味を毎度堪能できるかと思うと、息子だけではなく、小生の日常での使用頻度も上がりそうです。
これは凄い……あえて落下試験まではいたしませんが、日本の文房具技術の粋を見た思いです。



……中に2本入っているなら、あらかじめ新品を買う必要はありませんでしたね。まあどんどん使えばいいのですが。

拍手[2回]

    
今日は東京都立産業貿易センター台東館で行われた紙博へ。
吃驚するほどの大賑わいで、子連れで冷やかしにきた小生はほとんど身動き取れず。



papertunesでオルゴールに勤しむのがやっと。ここは本当に心癒やされました。
自分の好きな位置にパンチで穴を開け、オリジナルのオルゴール譜面を作るという「紙巻きオルゴール」に、ダイノジも大興奮でした。

で。
ムスメに一瞬だけムスコを託し、とにかく人波を押し分けてブースを流し観して──結局購入に至ったのは、比較的お客様の列が少ない大手メーカーという体たらくで。



スタロジーでは、Smith池袋で品切れのため入手できていなかったEditor's Memo Padを購入です。



ハンディサイズの天面綴じメモで、無地と罫線と方眼があります。
メモを書いた後、マイクロミシン目で紙を切り離すと90×74ミリの紙片になるのですが、これの裏面天面部分に粘着層があって、切り離すと付箋として貼りつけることができるのです。
これは今までになかった発想ですね。切り取らなければメモ帳として残り、切り取った紙片は付箋として貼ることができるとは。
今後ちょっと活躍の場が拡がりそうな気がします。

それと、ライフのブースでは新製品であるマージンメモを3種購入しました。



マージンノートがまんまちっちゃくなった感があって可愛いですよね。
こちらもメモですので、切り離しができます。ただ天面ではなく、ノート同様左側に糊部分があって切り離しができるのが特徴です。
あの紙質でメモとはまた贅沢ぜいたく。

で。
今回の小生の「目に飛び込んできたで賞」はこちら。



BOX&NEEDLEのメモボックスです。



紙製の丈夫でお洒落な箱です。デザインはブースに並んでいるだけで10種類を超えていたかと思います。
蓋を開けると、これまたお洒落なメモ用紙が入っています。



小生くらいの目利きになると、「ここには5×3カードがぴったり入るな」とすぐに判ります。
事実、ぴったりです(中に入れたのはコレクトのC-531)。

そして恐ろしいことに、本場アメリカのmead製5×3カードは入りません(mead社の5×3カードは正しく5インチ/12.7センチ×3インチ/7.62ミリです)。



コレクトやライフの5×3カードは12.5センチ×7センチ。実はジャスト5×3インチではないのです。
なので、この箱はコレクト専用。いまうちにはライフ製カードがありませんので。

しかし、よもや5×3カードにジャストサイズの箱がこの世に存在したとは。
このメーカー、京都の老舗紙器メーカーによる紙箱専門店なんですね。
二子玉川にお店があるということですので、今度折を見てお伺いしてみようかと思っております。
もう2〜3個買ってくればよかったなあ、と。

全体をくまなく回ったわけでもなく、とにかく若い女性のパワーに圧倒されて帰ってきてしまったわけですが、そんな紙博の会期は4月15日(土曜日)と16日(日曜日)。
興味のある方、行って損はないと思います。ぜひ足を運んでみてください。


拍手[0回]

    
うちのムスコ(ちいさいころから「ダイノジ」と呼んでいます)もこの春で小学5年生。
身体はでかくなりましたが、生活態度は相変わらずで。
きのうも筆箱を机上に放置していたので確認したら、鉛筆がごそっとなくなっておりました。
どこに行ってしまうのか本人も判らないようなので、根掘り葉掘り訊いたりはしません。
鉛筆と消しゴムは小学生にとって本当の意味での消耗品。
毎日使う、学校での相棒です。
それこそ日常的に手にして使うものですから、「なんでもいい」はずがありません。



我が家では現在、ダイノジにハイユニ2Bを削って渡しています。
ちびて使えなくなったものや折れてしまったものは交換し、自宅で鉛筆補助軸を使って使用します。
紛失してしまったものは仕方ないので、改めて新品を削って入れておきます。

日本製の鉛筆はどれも品質が高水準で、何を選んでも小学生が授業でノートを取る際に問題になるような製品はありません。技術的に成熟してしまった結果、JISマークの表示が不要であると業界内で判断されたほどです(JIS規格そのものは存在し、日本製の鉛筆はそれを厳格に守り製造されています)。
なので、別に三菱鉛筆でもトンボ鉛筆でも北星鉛筆でも、日本製であればどこでも構わないはずです。
でも、ダイノジは絵を描くのが好きで、授業以外でもいっぱい鉛筆を使います。
絵を描くとなると、やはりアート方面に性能を振った、ちょっといい鉛筆を使わせてあげたくなります。

日本で最高品質であるならば、それは紛れもなく世界で最高品質です。
ハイユニは日本が誇る世界の鉛筆です。
その滑らかさ、軸の質感、黒々とした筆跡──どれを取っても「子供の頃から肌で感じ取って欲しい最上級の心地よさ」なのです。

1ダース、ラスト1本。
そろそろ次を用意しておく必要があります。
でも次はモノ100を買ってきて与えるかもしれません。
そういう選択肢がある、ということ自体が「日本が豊かな証拠」だと思っていますから。

ハイユニもモノ100も、一本で140円(税抜)です。これを「たかが鉛筆一本に」「高い」と言って忌避してしまうのは本当にもったいないです。
わずか140円で、筆記距離50キロメートルの旅に出ることができるというのに。しかも高級サルーンの乗り心地に似たストレスフリーのロングドライブが楽しめるというのに。
そういう楽しみを、大人も、子供と共有して欲しいと思います。

拍手[2回]

    
会社で毎日、ワイシャツの胸ポケットに入っている。
ジブン手帳にスケジュールを、健康情報を、メモを書き込む。
ポスト・イットだろうとアクセスノートブックだろうと何だろうと、最初に書き込むのに使う。
つまりは、いま相棒と呼んで差し支えない、小生のトップバッター。



それがフリクションボール4です。
こすって消すことのできるゲルインキボールペン、フリクションボールの4色複合タイプですね。

グリップはUNUSのスマートグリップに換装しています。当初は溝タイプを愛用していたのですが、本体ごと紛失。現在はローレットタイプに落ち着きました。
フリクションボール4のラバーグリップはあまり好きになれません。何となく「滑らなすぎ」で。
手の中でも、ポケットでも、するりと入ってさっと出て行き、そして書くときはしっかり止まる──ラバーではできなかった手触りが、スマートグリップでは実現できます。
アルミ製なので、金属の削り出しではありますが、さほど重くは感じません。でも、プラ製のラバーグリップよりは重いのです。
この「わずかな重さ」が、ペン先のコントロールしやすさに繋がっています。

フリクションボール4は購入時0.5ミリリフィルが入っていますが、小生はすべて0.38ミリの極細リフィルに換装しています。
フリクションインキのブラックは改良を重ねられ、かなり濃く黒々とした筆跡を見せるようになりました。でも、フリクションボール3発売当時から4年以上ブルーで文字を書いてきたので、どれほど進化しても気持ちがブラックになびきません。
なので、フリクションボール4のブラック部分は、UNUSのリフィルアダプタを噛ませて油性ボールペンであるアクロ芯BRFS-10EF-Bを入れています。
これで「消えては困る文書」が突然現れても問題なく対応ができます。

使い込んで塗装が剥げかかってきたローレットグリップですが、その愛着は増すばかり。
こいつが一線を退く日を想像するのは難しいですね。
まさに愛用、まさに相棒。
更なる画期的な筆記具が出ることを夢想しながら、今日もフリクションボール4を紙面に走らせています。

拍手[3回]

    
ペンスタンドが好きです。
どんな文房具も立っていて欲しい小生は、ペンも本当は立たせておきたいのです。
ただ、ペンスタンドはいつの間にかぎっしりになってしまい、ペンがぎゅうぎゅうで抜き挿しすらままならない状態に。
いつも使うお気に入りの数本だけを、定位置でいつも立たせておきたい。
そんな思いを抱いたまま、3月19日(日曜日)は豊島区雑司が谷へ。
手創り市に出品されている工房Qさんとこにお邪魔いたしまして、今回の変化球を見せていただいたのです。



その名もペンウォール。
理想にかなり近い、革製のペンスタンドです。
サイズは4種類ありました。
購入したのが、5本挿しの背の低いもの。
同じ5本挿しで、ペンが中程まで隠れる背の高いもの。
10本挿しで、背の低いもの。
そして、10本挿しで背の高いもの。

ちょっと10本挿しは小生の机上では厳しいので、迷うことなく5本挿しを。
5本挿しの背の高いものは売り切れでしたので、必然的に背の低いものを購入して帰りました。

いや、いいですね。
内部で革が二重に弧を描いているので、背の低いものでもペンがひっくり返って抜けることはありません。
底は木ですが、中に革が敷いてあるので、少しばかり乱暴に穴に挿しても安心できます。
重量もあり、ヘビー級の筆記具ばかり並べても倒れたりしません。
永く愛することができそうなペンスタンドです。

で、これを撮影するために、簡易撮影ブースを導入致しました。


組み立て式のカラーボックスにLEDユニットを天板として挟んである製品です。
小生の技術のせいもあるのでしょうが、組んだ板と板の間に隙間が発生してしまっていて、どうも不格好な物体になってしまいました。あと、バックスクリーンの用意がないので、スケッチブックを1枚破ってマステで貼りつけてあります。ここはもうちょっと何とかしようかな。
小物類はこれで気楽に撮影ができそうです。
ブログ更新の手が止まっている理由として「写真が上手く撮れなくてねえ」という言い訳を使ってきたのですが、まあ言い訳はやめにして、もうちょっと何とかしましょう。何とか。

拍手[4回]

    
プロフィール
HN:
他故壁氏
HP:
性別:
男性
趣味:
文房具/小説/写真
自己紹介:
読み方:Tako Kabeuji
所属:ブング・ジャム
POWERTAC
Project T.A.C.
小説執筆時PN:楽光一
読み方:Tanoshi Kouichi
身長:168cm
体重:59kg
Twitter:takokabeuji
mixi:227981
facebook:takokabeuji
カウンター
カレンダー
03 2017/04 05
1
2 3 4 5 6
9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[04/02 ヒロ]
[02/06 龍]
[02/05 龍]
[01/24 輪音]
[03/26 多機能ペン好き]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © powertac.blog.shinobi.jp All Rights Reserved. 忍者ブログテンプレート