ブンボーグA(エース)他故壁氏が、文房具を中心に雑多な趣味を曖昧に語る適当なBlogです。
ThinkingPowerNotebookの新作「ジャーニー」が出たことにより、創作ノートをニーモシネA5「インスピレーション」から乗り換えたのはいいのですが。
やっぱり、電車内でノートを取ろうとすると、あのニーモシネの固い背面が懐かしい。
では、どうするか?

──ノートカバーですね判ります。

レザフェス・ノートカバー1

というわけで、店頭で比較した結果、「ペンループ必須」と判断し、コクヨの「システミック」ではなく、キングジムの「レザフェス」を購入して参りました。

レザフェス・ノートカバー2

A5サイズタイプです。
中に2冊のノートを挿し込むことができます。

レザフェス・ノートカバー3

こんなふうに開いて使います。
左には以前より使用している、文房具関係のノート「ネイチャー」を。
右には、創作ノートとして「ジャーニー」を。
ペンは毎度お馴染のハイテックCコレト4色軸。マカロンカラーのピンクを使ってみました。

レザフェス・ノートカバー4

キングジムは、このぺろっとしたフラップ(「To Doリストフラップ」と呼称しているようです)を売りにしているみたいですけど、むしろこの製品のキモは「レポートパッドを縦刺しできること」にあるのではないかと思うのです。
「ネイチャー」はA5横開きのノートですので、市販の汎用ノートカバーというものが存在しません。
でも、縦開きに対応したこのレザフェスなら、持ち歩きも可能なのです。カバーに差したままでも書けますし、机があるならカバーから分離して使ってもいいですし。

創作と文房具ネタ。このふたつの、まさに「小生の趣味の両輪」を支えるシステムに成長してくれるのか? これからの活躍に期待、ですね。

拍手[1回]

    
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
 
ジャーニー万歳!
おおげさですが、これくらいうれしいです。
語学学校へ、いつもはゴムつきのあのノートを持っていくのですが、ちょっと重いんですよね・・・
紙の色が大好きなので目をつぶっていましたが・・・
ジャーニーなら大きさも厚さもぴったり!
さっそく五十音へゴーします!ε=┌( ・_・)┘

いつも情報ありがとうございます。
あ、塗り絵もたのしみますよーっ
yuru 2010/06/08(Tue) 08:45 編集
Re:ジャーニー万歳!
いや、ジャーニー、予想を上回る使い勝手の良さにくらくらきています。
これはいいですよ。この世にこんなすばらしいノートがあるなんて!
ノートカバーは本来邪道(YOUCHANさんの美麗なイラストが隠れちゃうから)なのですが、レザフェスなら表紙は見る(見せる)ことができますから。
ぜひご愛用下さい!
2010/06/13(Sun) 10:15
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[1174]  [1173]  [1172]  [1171]  [1170]  [1169]  [1168]  [1167]  [1166]  [1165]  [1164
プロフィール
HN:
他故壁氏
HP:
性別:
男性
趣味:
文房具/小説/写真
自己紹介:
読み方:Tako Kabeuji
所属:ブング・ジャム
POWERTAC
Project T.A.C.
小説執筆時PN:楽光一
読み方:Tanoshi Kouichi
身長:168cm
体重:59kg
Twitter:takokabeuji
mixi:227981
facebook:takokabeuji
カウンター
カレンダー
07 2017/08 09
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[07/16 きたきつね]
[04/02 ヒロ]
[02/06 龍]
[02/05 龍]
[01/24 輪音]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © powertac.blog.shinobi.jp All Rights Reserved. 忍者ブログテンプレート