ブンボーグA(エース)他故壁氏が、文房具を中心に雑多な趣味を曖昧に語る適当なBlogです。
颱風が過ぎ去った夕刻、帰途で池袋ロフトに寄り道してみると。
「ハイテックCコレト祭り」と称して、どーんとコレトがフロント展開されているじゃありませんか!
見ごたえ充分の什器展開に見惚れながら、未購入だった5色軸と消しゴムユニット、替えゴムを購入。
2010年第三四半期を締めくくる最強の布陣を構築してみました。

コレト祭りと驚異のオレンジBic1

ニーモシネA5インスピレーション+ハイテックCコレト5色軸(0.4アクアブルー/0.4グリーン/0.4チェリーピンク/0.3シャープユニット/消しゴムユニット)+D-BANDドルフィン。
コンパクトにまとまった、惚れ惚れするようなシステムです。

で。
ロフトで一緒に買ってきたのがこれ。

コレト祭りと驚異のオレンジBic2

通称オレンジBic。皆さんご存知の、あの「ぬるぬる書ける事務用ボールペン」です。
国産のステンレスチップを使ったシャープで黒々とした油性ボールペンに較べ、ボールが重く、インキも薄く擦れがちで、ブラスチップの摩耗が激しいのでボテや泣きも多い──なのにファンが一向に減らない、不思議な魅力のあるボールペンです。

そのオレンジBicが、低粘度インキを採用して書き味が上がり、軽く書けるようになったっていうのですから驚きです。
試してみなければなりますまい!

で。
自宅に帰って書いてみたのですが。
確かに、あのオレンジBicとは思えない滑らかな書き味です。インキも黒々としているし、数十文字ではボテも泣きもありません。
でも。
ペンスタンドにあったアクロボールを取り出して書いてみると──ああ、そうか。オレンジBicはようやく国産の「ふつうのボールペン」に追いついたんだね、ということに気づかされます。

ただ、オレンジBicという郷愁に新風が吹き込んだことに変わりはありません。80円ですしね。ようやく自分の「油性ボールペン」の選択肢の範疇に入ってきた、という気はします。
黒キャップ+透明軸の国産ボールペンって個人じゃ決して買いませんが、同じ80円でならオレンジBic「Easy Glide」を買いますね。間違いなく。

コレト祭りと驚異のオレンジBic3

で。
コレト関連製品を630円(税込)以上買うとおまけがもらえる、ということでレジで渡されたのがこのハート型の円柱。
ペンケース、でいいんですかね。
手持ちにピンクのペンがたくさんあれば詰め込んだのですが、ちょっと揃わなかったので、オレンジで統一してみました。
このまま持ち運ぶことはないと思いますが、面白いですよね。こういう景品って。

みなさまも池袋ロフトでのコレト祭り、ぜひご来場下さいませ。

拍手[1回]

    
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
 
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[1200]  [1199]  [1198]  [1197]  [1196]  [1195]  [1194]  [1193]  [1192]  [1191]  [1190
プロフィール
HN:
他故壁氏
HP:
性別:
男性
趣味:
文房具/小説/写真
自己紹介:
読み方:Tako Kabeuji
所属:ブング・ジャム
POWERTAC
Project T.A.C.
小説執筆時PN:楽光一
読み方:Tanoshi Kouichi
身長:168cm
体重:59kg
Twitter:takokabeuji
mixi:227981
facebook:takokabeuji
カウンター
カレンダー
10 2017/11 12
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[07/16 きたきつね]
[04/02 ヒロ]
[02/06 龍]
[02/05 龍]
[01/24 輪音]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © powertac.blog.shinobi.jp All Rights Reserved. 忍者ブログテンプレート