ブンボーグA(エース)他故壁氏が、文房具を中心に雑多な趣味を曖昧に語る適当なBlogです。
会社帰りにハンズ銀座へ。
またしこたま買い込んでしまいました……。



・ハイタイドのビニールブリーフケース 渋い茶色
・リヒトラブのB5サイズクリアホルダを2枚
・パイロットのフリクションボールスリム038の替芯・青と緑
・パイロットのシャープ芯グラファイト0.5mm2B・ココルルシャープ芯カバーつき
・マルマンのニーモシネライトA5判 無地と方眼
・マークスのED!T 二週間お試しサンプル
・トンボ鉛筆のユラシャ

今回の目玉はこれ。



トンボのユラシャです。
シャープペンシルとしてはごく普通の、グリップのラバー部分がやや大きい(オルノとイメージがダブりますね)シャープです。
書き味や書くための機能は、まあ特筆するほどのこともない、300円の太軸シャープとしては標準的な商品です。

ただ。
何が面白いってこの商品、「ころがらない」のです。
ボディに印刷された「YulaSha」マークの裏側に重りが入っていて、ころりと机の上に投げ出すとボディが勝手にマークを上にして安定します。
起きあがりこぼしのように、ゆらゆらと揺れて──最後にはマークと転がり防止の突起が上を向くのです。



机から落としにくく、授業中にも便利──いや、まったくその通りですね。
傾斜している場所でも、転がり防止の突起が効いてブレーキをかけます。
書き終えた後、机にシャープを放り投げる癖のあるひとには朗報と言えます。

最初その噂を聞いた時には「いや、そこまで玩具っぽい機能はどうかと」「第一、筆記具としての重心はどうよ」と思ったものです。
こうして手にして書いてみると、重心の問題は特に感じられません。筆記に影響の出るような重りではない、ということでしょうか。
そして、書いた後に机に放り投げたくなるのです。

ほいっ。
ころり。
……ぴたっ!

これ、意外といいですよ。
面白いですし。
色は敢えて目立つキューカンバーにしてみました。というか、なぜキュウリ……。
いちばん性に合っているグラファイトの2Bに替芯も換装しましたので、しばらく使ってみたいと思います。
こういう商品がひょいっと出てくるあたり、トンボ鉛筆はあなどれません。

拍手[2回]

    
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
 
[1496]  [1495]  [1494]  [1493]  [1492]  [1491]  [1490]  [1489]  [1488]  [1487]  [1486
プロフィール
HN:
他故壁氏
HP:
性別:
男性
趣味:
文房具/小説/写真
自己紹介:
読み方:Tako Kabeuji
所属:ブング・ジャム
POWERTAC
Project T.A.C.
小説執筆時PN:楽光一
読み方:Tanoshi Kouichi
身長:168cm
体重:59kg
Twitter:takokabeuji
mixi:227981
facebook:takokabeuji
カウンター
カレンダー
07 2017/08 09
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[07/16 きたきつね]
[04/02 ヒロ]
[02/06 龍]
[02/05 龍]
[01/24 輪音]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © powertac.blog.shinobi.jp All Rights Reserved. 忍者ブログテンプレート