ブンボーグA(エース)他故壁氏が、文房具を中心に雑多な趣味を曖昧に語る適当なBlogです。
きだて氏に借りていた『鉛筆と人間』、ようやく読み終えました。



著者ヘンリー・ペトロスキーは米国デューク大学の工学部教授。専門は土木工学です。
ありとあらゆる「技術」に興味関心がある彼は、ふと気がつきます。人間が思いついたものを脳から取り出して指し示すのに「それがないと何も始まらない」はずのものが、技術的に、また歴史的にいっさい語られていないことに。
鉛筆。
あること自体が当たり前で、使い捨てられていく運命のもの。それがないと生まれなかった「技術」があるにも関わらず、道具としても無視され続けてきた存在。
その鉛筆が生まれたのもまた、「技術」の積み重ねです。

本書は1989年に編まれ、1993年に翻訳されました。
この時代、すでに鉛筆は斜陽の時代になっています。
筆記具の中心はボールペンやシャープペンに移り、そういう筆記具すらワープロやパソコンによって活躍の場を失おうとしていた頃──鉛筆の発生から黄金期までを総括する本書の中では、鉛筆は文字通り光り輝いています。
世界各国では、まだ鉛筆の需要は多く存在します。ただ、以前ほどではないのもまた事実です。

消えゆく存在、鉛筆。
しかし、力強い「縁の下の力持ち」であり続ける、鉛筆。
ノスタルジーだけではない「何か」を、「技術」という面から見据えているのが本書の特徴です。
鉛筆の誕生から、現在まで。数百年に及ぶ鉛筆の工学技術の歴史が、この一冊に詰まっています。
日本の鉛筆についての記述がほとんどないのが寂しい限りですが、あとがきで訳者がわずかながらフォローをしています。
『鉛筆と人間・日本編』とか、どなたかお書きになりませんかね。ぜひ読んでみたいのですが。業界内の年表的なものではなく、こうした「技術的な読み物」として。

拍手[2回]

    
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
 
[1537]  [1536]  [1535]  [1534]  [1533]  [1532]  [1531]  [1530]  [1529]  [1528]  [1527
プロフィール
HN:
他故壁氏
HP:
性別:
男性
趣味:
文房具/小説/写真
自己紹介:
読み方:Tako Kabeuji
所属:ブング・ジャム
POWERTAC
Project T.A.C.
小説執筆時PN:楽光一
読み方:Tanoshi Kouichi
身長:168cm
体重:59kg
Twitter:takokabeuji
mixi:227981
facebook:takokabeuji
カウンター
カレンダー
10 2017/11 12
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[07/16 きたきつね]
[04/02 ヒロ]
[02/06 龍]
[02/05 龍]
[01/24 輪音]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © powertac.blog.shinobi.jp All Rights Reserved. 忍者ブログテンプレート