ブンボーグA(エース)他故壁氏が、文房具を中心に雑多な趣味を曖昧に語る適当なBlogです。
味わい深いものです。



小生の愛する『文房具 知識と使いこなし』(市浦潤・著 新潮文庫)にも、アメリカンな文房具がたっぷり登場します。
日本の製品はスマートで高性能なものが多いですけど、アメリカンな文房具は大雑把で安っぽくて、だからこそ毎日まいにち消耗していっても惜しくない、思いっきり愛用できるものだったりするんですよね。

1980年代、まだまだアメリカは憧れの国でした。ヨーロッパのすました感じではなく、マッチョでパワフルなイメージのある、活気溢れる世界一の国、という印象。
こまけえことはいいんだよ! を地で行くお国柄だったような気がします。
そんなアメリカに憧れて、いろいろ試しては楽しんだものです。



で、21世紀。
アメリカは憧れの国ではなくなりました。
少なくとも、文房具に限って言えば。
日本の文房具の進化は間違いなく世界一で、それを中心に生活していると、なかなかアメリカン文房具が入り込む隙間はありません。

それでも、急に使いたくなる瞬間が訪れたりします。あの、ざらっとした紙の書き味が欲しくなるときがあるのです。
性能だけが心地よさではない、と身体が告げています。

オフィスに書類が舞い飛ぶ摩天楼! もうそんなものはないのかもしれません。パラレル世界の、80年代で進化の止まった「世界一の国」──そんな妄想を抱かせる、レトロとはちょっと違ったアメリカン文房具。
イエローペンシルとリーガルパッドさえあれば、気分はマンハッタン・オフィスワーカー!

拍手[1回]

    
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
 
[1597]  [1596]  [1595]  [1594]  [1593]  [1592]  [1591]  [1590]  [1589]  [1588]  [1587
プロフィール
HN:
他故壁氏
HP:
性別:
男性
趣味:
文房具/小説/写真
自己紹介:
読み方:Tako Kabeuji
所属:ブング・ジャム
POWERTAC
Project T.A.C.
小説執筆時PN:楽光一
読み方:Tanoshi Kouichi
身長:168cm
体重:59kg
Twitter:takokabeuji
mixi:227981
facebook:takokabeuji
カウンター
カレンダー
10 2017/11 12
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[07/16 きたきつね]
[04/02 ヒロ]
[02/06 龍]
[02/05 龍]
[01/24 輪音]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © powertac.blog.shinobi.jp All Rights Reserved. 忍者ブログテンプレート