ブンボーグA(エース)他故壁氏が、文房具を中心に雑多な趣味を曖昧に語る適当なBlogです。
小生にとって「懐かしい」とは、つまり幼少期から青年期までの出来事と、それにまつわる想い出のこと。
自分の生まれていなかった大昔や、見たことも触れたこともない歴史的な具象に関しては,、「懐かしい」のではなく「興味がある(あるいは「興味が沸く」)」対象なわけです。

そもそも、知らないのに「懐かしい」とはこれ如何に。
出会ったこともないものを「懐かしい」とはどういうことか。

過去に見て、触れて、感じて、それにいい想い出があるもの。
そして、それがもう手許になくて、手に入らないと判っているもの。
これが小生の「懐かしい」です。

そして、この21世紀の文房具店にも、この「懐かしい」が潜んでいるのです。



これを見て「うわあ、懐かしい!」と思う人がどのくらいいるのでしょうか。
骨董品ではありません。
デッドストックでもありません。
2016年1月23日に、ロフト池袋店で買ってきたものです。



知らない人や興味のない人には、ただの樹脂製のペンスタンドでしょう。
そう、これは見たとおり、ペンスタンドです。
奥の半円がペンを立てるために深くなっており、手前の仕切られた半円は浅く、消しゴム程度の大きさのものを置くようにできています。
正面にポケットがありますよね。ここは何を入れると便利ですかね。付箋ですかね。それともクリップとか。あるいは小さなテープのりなど転がしておきましょうか。



プラスのWITTY-PARTYシリーズです。
この樹脂のカーブ具合。
この樹脂のカラーリング。
この樹脂の表面シボ。
どれをとっても、小生が好きだった「ピーズバーやチームデミのプラス」の、あの時代の意匠です。



1987年から、現役。
決して衰えない、クレイジー80'sのあの頃のパワー。
小生のいう「懐かしい」とは、こういう製品のことです。
全くもって共感していただけないとは思います。
でも、やっぱり、この頃のプラスって輝いていました。
大好きなメーカーでした。

これからもこのシリーズ、なくならないでいて欲しいと思います。
ちょっと買い支える面は難しそうですが……次はデスクトレイあたりを……。

拍手[3回]

    
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
 
[1826]  [1825]  [1824]  [1823]  [1822]  [1821]  [1820]  [1819]  [1818]  [1817]  [1816
プロフィール
HN:
他故壁氏
HP:
性別:
男性
趣味:
文房具/小説/写真
自己紹介:
読み方:Tako Kabeuji
所属:ブング・ジャム
POWERTAC
Project T.A.C.
小説執筆時PN:楽光一
読み方:Tanoshi Kouichi
身長:168cm
体重:59kg
Twitter:takokabeuji
mixi:227981
facebook:takokabeuji
カウンター
カレンダー
02 2017/03 04
1 2 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17
19 20 21 22 23 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[02/06 龍]
[02/05 龍]
[01/24 輪音]
[03/26 多機能ペン好き]
[03/26 多機能ペン好き]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © powertac.blog.shinobi.jp All Rights Reserved. 忍者ブログテンプレート