ブンボーグA(エース)他故壁氏が、文房具を中心に雑多な趣味を曖昧に語る適当なBlogです。
「キャラが軽い」と言われます。
人間としての深みがない、と。
ただ何となくキャラクタが動いて話が成り立っているようだ、と。

痛いところを突かれました。
キャラを練っていないわけではないのですが、話の勢いを重視して個人を深く掘り下げない、というのは全く持ってそのとおりです。

キャラひとりひとりの重みをぎっしり詰め込んでしまうと、ストーリーを軽やかに流すことに障害が発生します。
でも、読者は何を読みたいのか。
読者は小説に何を求めているのか。
小説の「主体」とは何か。

人間を描くこと、ですよね。

人間がいて、そこにドラマが生まれる。
キャラクタが自分の立ち位置を認識して、初めてスタートダッシュを切ることができる。
まずはキャラクタありき、と。

できないわけではありません。
以前、自分の弱点である「キャラの軽さ」を克服しようとして書いた長編『ガンアーマー・レクイエム』(以下GA)は、今でも「キャラが軽いとは言わせない」出来だと自負しています。
ところが。
GAは「読者不在のドラマ」でした。
この小説は誰に読ませるのか。
キャラクタたちも重さばかりに囚われ、ストーリー構成に無理が生じてしまっていたのです。

プロに読んでもらうと、みな一様にそこを聞いてきます。
「これ、誰が読むの?」
唸らざるを得ません。
小説は「読んでもらわなければ価値がない」のですから。

いま行っている作業は、この小生の癖を修正するための訓練です。
キャラクタを掘り下げる。
魅力を引きだす。
誰もが感情移入できる、誰もが好きになれる、誰もがその行く先を気にかける。
そんな魅力あるキャラクタたち。
そこにからむのは「読者層を考慮したストーリー」です。

難航しているのは、実はヒロインです。
主人公はぶっちゃけ「自分の分身」です。どうにでも肉づけできるんですよね。
問題はヒロインです。
読者に好かれる、読者に恋されるヒロインとは何か。
主人公が惚れたのと同じように、読者にもヒロインに惚れてもらわねばならないのです。
これが難しい。

「主人公が惚れる」のは簡単です。「惚れた」「好きになった」って書けばいいんですから。
でも、読者が「この女のどこに惚れるのさ」と思ったらアウト。
理想のヒロイン。
小説のキャラクタに「惚れる」。
絵のない状態でそれを成し遂げるためには──アイディアしかありません。
どんな娘ならそう思ってもらえるのか。
考えろ。
考えろ。
下手な考えでも休むよりはマシだ。
考えろ。
考えろ。
考えろ。

拍手[0回]

    
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
 
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[249]  [248]  [247]  [246]  [245]  [244]  [243]  [242]  [241]  [240]  [239
プロフィール
HN:
他故壁氏
HP:
性別:
男性
趣味:
文房具/小説/写真
自己紹介:
読み方:Tako Kabeuji
所属:ブング・ジャム
POWERTAC
Project T.A.C.
小説執筆時PN:楽光一
読み方:Tanoshi Kouichi
身長:168cm
体重:59kg
Twitter:takokabeuji
mixi:227981
facebook:takokabeuji
カウンター
カレンダー
07 2017/08 09
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[07/16 きたきつね]
[04/02 ヒロ]
[02/06 龍]
[02/05 龍]
[01/24 輪音]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © powertac.blog.shinobi.jp All Rights Reserved. 忍者ブログテンプレート