ブンボーグA(エース)他故壁氏が、文房具を中心に雑多な趣味を曖昧に語る適当なBlogです。
shoushin-monoに触れてから、また自分の中にくすぶっていた鉛筆熱が再燃したみたいです。
ただ、一昨年の初秋あたりに訪れた熱狂的な状態とは違って、もっと穏やかな──「普段遣いの筆記具の中に混ざってくる」みたいなニュアンスでの復活です。

鉛筆という筆記具とどうつき合っていくか。
ビジネスではほぼ使うシーンがありません。
必然的に自宅使用。
携帯性に劣るので、机上使用に限定。
でも、出先でも鉛筆で書いてみたい。
そこでパーフェクトペンシルの出番、となるわけですが。

パーフェクトペンシル9000

付属しているカステル9000の書き味が気に入らないんです。
だいたいヨーロッパ規格のBは堅過ぎです。
ここにやっぱりshoushin-monoをつけないと!

万年筆と鉛筆。
対局にあると思われがちな筆記具。
手軽さでも。価格でも。登場シーンでも。
でも、筆記具なんですよ。どちらも。
「書く」ことに関して、優劣なんてないんです。
好きなほうを使えばいい。
そう考えたら、何だかすっきりしました。

これからは万年筆と鉛筆、両刀遣いで行こうかな。

拍手[0回]

    
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
 
無題
わたしもプリントごっこ原稿に鉛筆が使えていい感じ→興味がわいています。
で、売り場にもMONO100とHi-Uniを発注してみました。
学童用より大人需要が意外にあるので愛用者は多いようですよ。
わたしはお絵かき用になってますが・・・。
わっしー URL 2008/02/18(Mon) 09:42 編集
おとな用
>わっしーさん
おとな用とこども用というよりは、「こだわらず購い与える」か「自ら選んで購う」かの違いかと。
小生もムスメの鉛筆はコストパフォーマンスで木物語を購い与えていました。
自分用はMONO100やHi-uniやパーフェクトペンシルなのに(笑)
他故壁氏 2008/02/18(Mon) 21:35 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[586]  [585]  [584]  [583]  [582]  [581]  [580]  [579]  [578]  [577]  [576
プロフィール
HN:
他故壁氏
HP:
性別:
男性
趣味:
文房具/小説/写真
自己紹介:
読み方:Tako Kabeuji
所属:ブング・ジャム
POWERTAC
Project T.A.C.
小説執筆時PN:楽光一
読み方:Tanoshi Kouichi
身長:168cm
体重:59kg
Twitter:takokabeuji
mixi:227981
facebook:takokabeuji
カウンター
カレンダー
09 2017/10 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[07/16 きたきつね]
[04/02 ヒロ]
[02/06 龍]
[02/05 龍]
[01/24 輪音]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © powertac.blog.shinobi.jp All Rights Reserved. 忍者ブログテンプレート