ブンボーグA(エース)他故壁氏が、文房具を中心に雑多な趣味を曖昧に語る適当なBlogです。
およめさんに連れられて、本郷にある弥生美術館へ行って参りました。
その際、本郷三丁目駅から降りて赤門から東京大学キャンパスを突っ切り、弥生門を出て弥生美術館へ向かうルートを取ったのですが。
そのキャンパス内で、いぜんお伺いして気になっていた場所があるのです。

東京大学コミュニケーションセンター
東大の「外」と「中」とオリジナルグッズで繋ごう、という機関です。

小生の狙いは、もちろんオリジナル文房具です。
ノートの類いはいま山ほどあってもったいないので、今回はちょっと捻ってこんなものを購入してまいりました。

東京大学ロゴ入りペンカバー1

東京大学コミュニケーションセンターのロゴが入った「コミュニケーションツール」、商品名は「ペンカバー(ボールペンつき)」です。

東京大学ロゴ入りペンカバー2

一見革装のように見えますが、素材はPVCです。
名称通り、この商品はペンカバーで、「とりあえず」ボールペンが一本附属しています。

東京大学ロゴ入りペンカバー3

キャップはちゃんと尾部に接続することができます。
ボールペン本来のキャップは附属していないので、使うたびにこのキャップの中はペン先の当たった部分がインキで汚れていくことになります。

東京大学ロゴ入りペンカバー4

このように、ボールペンはすっぽりと抜き出すことができます。
ボールペン自身をレフィルと考えると、ビックにそういうボールペンカバーがあったことを思い出しますよね。

東京大学ロゴ入りペンカバー5

ちなみに中身のボールペンは、パイロットのBP-S(スーパーS)でした。
定価80円(税抜)のボールペンです。
だからといって、80円のボールペンを800円で買った(買わされた)と思ってはいけません。いけません。

で。
せっかくペンカバーを名乗っている商品なのですから、手元にある筆記具に入れ替えて使ってみたくなるってのが人情ですよね。
でも。
BP-Sのスリムボディにジャストフィットのこの商品、残念ながら鉛筆以外の筆記具を入れることはできませんでした。
うーむ。
せめてハイテックCくらいは入れてみたかったのですが……。

拍手[0回]

    
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
 
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[773]  [772]  [771]  [770]  [769]  [768]  [767]  [766]  [765]  [764]  [763
プロフィール
HN:
他故壁氏
HP:
性別:
男性
趣味:
文房具/小説/写真
自己紹介:
読み方:Tako Kabeuji
所属:ブング・ジャム
POWERTAC
Project T.A.C.
小説執筆時PN:楽光一
読み方:Tanoshi Kouichi
身長:168cm
体重:59kg
Twitter:takokabeuji
mixi:227981
facebook:takokabeuji
カウンター
カレンダー
10 2017/11 12
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[07/16 きたきつね]
[04/02 ヒロ]
[02/06 龍]
[02/05 龍]
[01/24 輪音]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © powertac.blog.shinobi.jp All Rights Reserved. 忍者ブログテンプレート