ブンボーグA(エース)他故壁氏が、文房具を中心に雑多な趣味を曖昧に語る適当なBlogです。
21日に青山でトラベラーズノート展を見て、再びトラベラーズ熱が再燃している小生ですが。

現在、小生のトラベラーズノートはスケジュール帳+名刺入れ+小物入れとして機能しており、トラベラーズノート本来の「旅用ノート」としての側面はゼロに等しい状態です。
ノートはつけていますが、ブング・ジャム用として機能を切り離しており、登場シーンが少ないのが実情です。

もっともっと使ってあげないと!

モレスキンが小生にとって完全な「雑記帳」で。
シンキングパワーノート+ジョッターが小説執筆のための「外なる脳」で。
これらふたつは、電車内での記入を想定して選択されています。つまり、膝に置いてもふにゃっとならず、堅牢であることを最優先されているわけです。

これに対し、トラベラーズノートのノートパーツは、革のカバーのまま字を書くことができません。
ノートは革カバーを開いた右側、表紙の裏にポケットシールLで挟んだ状態になっています。革カバーの右側にはトラベラーズノートを固定するゴムバンドの結び目があるため、このまま字を書くことができないのです。

トラベラーズノートは「二冊目のノートを取り外して書く」ように設計されています。
ノートを外せば、ゴムバンドの出っ張りとはおさらばできるのですが。
今度は、机上ではなく膝の上や膝に置いた鞄の上で書くことになります。そうなると、今度は取り出したノートはただのノートです。満足に固定されず、文字がぐにゃりぐにゃりと曲がることになってしまいます。

これを回避する方法はひとつしかありません。
下敷きを持ち歩くことです。
A4三分の一サイズのボードなりカードなりを自作して対応する必要があります。
そう、小生はどうしても「電車内で膝の上で」ノートを書きたいのです。

「トラベラーズノートと旅に出よ!」展では、ノートレフィルサイズのハガキを販売していました。
あれが理想です。
そうでなければ、自作するしかありません。アクリル板なのか、それとも厚紙なのか。
ホントはこういうのが理想なんですけどね。ノート用に万年筆をつけたいので。

自分の中の「旅」を記録するために。
トラベラーズノートには、サードではない位置に浮上してもらわないと。ね。

トラベラーズノートに関する勘違い

あと。
自分の中で勘違いがあったので、ここで反省してみたいと思います。

いまトラベラーズノートのノートレフィルには、トラベラーズノート専用のものではなくミドリのA5スリムノート「たたみ」を使用しているのですが。
どうも万年筆の乗りが悪くて好きになれなかったんですね。
それまではトラベラーズノートの方眼レフィルを使っていて、万年筆に関しては無問題だったのに……何でだろなあと思いつつ、ブング・ジャムの打ち合わせ以外では使用を敬遠していたのです。

そう。小生は気づきました。たった今。
もしかして、A5スリムノートのほうは、トラベラーズノートシリーズと違ってMD用紙を使っていないのでは? と。
次回からはトラベラーズノートレフィルにまた戻りたいと思います。万年筆で楽しく筆記するために。
未使用の「てぬぐい」は、およめさんにあげようと思います。楽しく使ってね、およめさん。

拍手[0回]

    
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
 
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[884]  [883]  [882]  [881]  [880]  [879]  [878]  [877]  [876]  [875]  [874
プロフィール
HN:
他故壁氏
HP:
性別:
男性
趣味:
文房具/小説/写真
自己紹介:
読み方:Tako Kabeuji
所属:ブング・ジャム
POWERTAC
Project T.A.C.
小説執筆時PN:楽光一
読み方:Tanoshi Kouichi
身長:168cm
体重:59kg
Twitter:takokabeuji
mixi:227981
facebook:takokabeuji
カウンター
カレンダー
10 2017/11 12
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[07/16 きたきつね]
[04/02 ヒロ]
[02/06 龍]
[02/05 龍]
[01/24 輪音]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © powertac.blog.shinobi.jp All Rights Reserved. 忍者ブログテンプレート