ブンボーグA(エース)他故壁氏が、文房具を中心に雑多な趣味を曖昧に語る適当なBlogです。
そういえば、修正テープというものを自宅ではほとんど使いません。
なので、たまにおよめさんに「修正テープ貸して」と言われても、すぐに出てこなかったり、探し当てても修正膜がテープから剥離しているような古いものだったりして、どうも勝手が宜しくありません。
で、せっかくなので、先日のタマフルでも古川耕さんが推してらした最新の修正テープを買ってみようかな、と思ってふらりとファミリーマートへ。

そのジャンルのトップ走者のすべきこと

トンボのPGXです。
生産の総てを自社工場で行う、筋金入りの業界トップランナーが放つ、新時代の修正テープ──ベーシック・イズ・ベスト、ということで、さっそく使ってみました。
確かによれにくく、剥がれにくく、そして再筆記時にも削れにくい、という印象です。素晴らしいと思います。

ただ、困ったことに、これは「もしかしたら、いま店頭にある修正テープのいちばん新鮮なものを選りすぐれば、これと同じ結果になるのでは?」と思えてならない──そのレヴェルの「凄さ」なんですよね。
すげー! と膝を打つような改良ではない。でも、間違いなく快適である、と。

修正テープって、普通はいちどきに複数個を買って試したりしませんよね? どれかを一個買って、それをしばらく使って、それが自分の希望通りの性能だったら換えカートリッジを買うでしょうし、もしそれが期待外れだったら二度とその製品は買わない──そういう存在で。
店頭で試す、というのも実際はできないわけです。全製品は。

たこぶろぐは「文房具ブログ」ではありますが、「競合製品の優劣を着けるレヴューサイト」ではありません。文房具は一期一会、その製品を使った感想を書くことが基本であり、「AとBを較べてみたけど、Aのほうが断然いいね! HAHAHA!」ということを広く喧伝するブログではありません。
疑問に思ったことは解決したいと思いますが、「じゃあ何で修正テープを複数本買って確かめないんだよ?」と言われれば、回答は単純明快です。

「だってPGXが一本あれば、修正テープを複数本買う理由なんかどこにもないでしょ?」

あえて他社と較べる必要はない商品だと。
だって、小生はPGXに満足しているのですから。
ただ、PGXが修正テープのベストバイなのかどうかは、小生には判断できません。
きっと世の中には修正テープを大量消費し、日夜ベストな修正テープを探して東奔西走している方がいらっしゃると思うので、その方に判断を委ねたいと思っています。

でも、そういう猛者が仮にいらっしゃったとしても、このPGXの存在を無視できるとは思えないのですけどね……。

拍手[0回]

    
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
 
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[1161]  [1160]  [1159]  [1158]  [1149]  [1156]  [1155]  [1154]  [1153]  [1151]  [1152
プロフィール
HN:
他故壁氏
HP:
性別:
男性
趣味:
文房具/小説/写真
自己紹介:
読み方:Tako Kabeuji
所属:ブング・ジャム
POWERTAC
Project T.A.C.
小説執筆時PN:楽光一
読み方:Tanoshi Kouichi
身長:168cm
体重:59kg
Twitter:takokabeuji
mixi:227981
facebook:takokabeuji
カウンター
カレンダー
07 2017/08 09
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[07/16 きたきつね]
[04/02 ヒロ]
[02/06 龍]
[02/05 龍]
[01/24 輪音]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © powertac.blog.shinobi.jp All Rights Reserved. 忍者ブログテンプレート