ブンボーグA(エース)他故壁氏が、文房具を中心に雑多な趣味を曖昧に語る適当なBlogです。
年賀状持参で15%オフ! ということだったので、練馬の素敵雑貨屋「meme」に行って参りました。
ここんとこ駄目文房具方面でも目覚ましい進歩を遂げ、侮れない位置にまでやってきた雑貨屋meme。今日のお買い物は?

めめちゃんでお買い物1

Mapedの4色ボールペン「TwinTip」、357円(税込)。
怪しげな文房具柄のラメシール、105円(税込)。
chocohoricの可愛い缶、157円(税込)。

ラメシールは文房具柄(写真では反射してよく判らないですが、上から「本」「本」「カッター」「鉛筆」「分度器」「三角定規」「学生鞄」「本」「ボールペン」「本」)だったので即買い。
chocoholicの缶は、中はからっぽ。これは机上で鉛筆を削る時に使う予定です。かわいいでしょ。

で、肝心のと言うか、問題のTwinTipですが。
これは昨年のISOT会場で文具王が褒めたことで一部の人間に有名な、ちょっと変わった4色ボールペンなのです。

通常、ノック式ボールペンはノックノブを押すと、ペンの先からボールペンチップが出てきます。
4色であればノックノブが4本ずらりと並び、頭冠部分は壮観なデザインになることが一般的ですが。
TwinTipは違います。

めめちゃんでお買い物2

ノックノブが両端にあります。
押すことでペンが出ることに変わりはありませんが、2色が先端から、2色が後端から出ます。
いや、シンメトリーデザインのTwinTipに関していえば、先端も後端もありませんね、両方の端からペン先が出るわけです。
このデザインのメリットは、使いたい2色を出しっぱなしにしてくるりと手の中で回転させることにより、持ち替えてノックするという煩わしさを回避できる、という点でしょうか。

色の組み合わせは、「ピンクとバイオレット」、「ライトブルーとライトグリーン」。一般筆記に適した色が入っていない、というのがいかにも雑貨テイストではありますが、仮にこれで「黒と青」「赤と緑」だったら仕事や日常でもかなり面白く使えるのではないかと思います。

うむ。
まだまだ世の中には面白いものがたくさんありますね!

拍手[3回]

    
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
 
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[1251]  [1250]  [1249]  [1248]  [1247]  [1246]  [1245]  [1244]  [1243]  [1242]  [1241
プロフィール
HN:
他故壁氏
HP:
性別:
男性
趣味:
文房具/小説/写真
自己紹介:
読み方:Tako Kabeuji
所属:ブング・ジャム
POWERTAC
Project T.A.C.
小説執筆時PN:楽光一
読み方:Tanoshi Kouichi
身長:168cm
体重:59kg
Twitter:takokabeuji
mixi:227981
facebook:takokabeuji
カウンター
カレンダー
09 2017/10 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[07/16 きたきつね]
[04/02 ヒロ]
[02/06 龍]
[02/05 龍]
[01/24 輪音]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © powertac.blog.shinobi.jp All Rights Reserved. 忍者ブログテンプレート