ブンボーグA(エース)他故壁氏が、文房具を中心に雑多な趣味を曖昧に語る適当なBlogです。
雑司が谷ブングテンで知り合ったたいみちさんからお借りした『暮しの手帖』を、思い出したように何度も読み返しています。

暮しの手帖 第一期68号1

特集のひとつに、当時のボールペンを試す「ボールペンをテストする」があるからです。

暮しの手帖 第一期68号2

1963(昭和38)年の段階で入手可能だった、国内で発売されたノック式ボールペン14種を筆記テストする、という内容です。
小見出しを見ただけでも興奮しますね!

「テストしたのは1本850円の外国品から30円の国産まで14種」
「第一字目からスラスラと書けるのは国産品だけです」
「わりとムラなく書けるのは、ニッコーとシグマそれとパーカーです」
「ながく書けるのはパーカー、経済的なのはニッコー」
「ボールがめりこんだために書けなくなってしまうボールペンもあります」
「日にさらすと字が消えてしまうのや水をこぼすと字がにじむものも」
「安いボールペンは、どうしても使い勝手の点で劣ります」
「外国品は、ねだんほどの値うちはありません」
「お買いどくは、50円のニッコー、シグマ、そして30円のオートです」

暮しの手帖 第一期68号3

いやあ、痛快つうかい。
結局、Aランク「よろしい」に該当する商品はゼロ。
Bランク「まずよろしい」も4種類のみ。
・ニッコー/NP-50 50円 東洋精鋼
・シグマ/50K 50円 シグマ産業
・オート/326 30円 オートボールペン工業
・パーカー/Tボール 850円 パーカーペン(米国)

「パーカー1本の値段で」→「ニッコーなら17本」→「オート30円なら28本で10円おつり」
凄い雑誌です。さすが編集後記で「なぜ私たちは商品をもらわないか」と書いているだけはあります。
同じことをやってみたいなあ。物量で攻めるのは無理ですけど、レビューってこういうことですよね?

拍手[3回]

    
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
 
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[1252]  [1251]  [1250]  [1249]  [1248]  [1247]  [1246]  [1245]  [1244]  [1243]  [1242
プロフィール
HN:
他故壁氏
HP:
性別:
男性
趣味:
文房具/小説/写真
自己紹介:
読み方:Tako Kabeuji
所属:ブング・ジャム
POWERTAC
Project T.A.C.
小説執筆時PN:楽光一
読み方:Tanoshi Kouichi
身長:168cm
体重:59kg
Twitter:takokabeuji
mixi:227981
facebook:takokabeuji
カウンター
カレンダー
10 2017/11 12
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[07/16 きたきつね]
[04/02 ヒロ]
[02/06 龍]
[02/05 龍]
[01/24 輪音]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © powertac.blog.shinobi.jp All Rights Reserved. 忍者ブログテンプレート