ブンボーグA(エース)他故壁氏が、文房具を中心に雑多な趣味を曖昧に語る適当なBlogです。
と思っていました。
もともと筆圧か強く、柔らかな穂先を持つ筆は苦手な筆記具でした。
それを模した筆ペンもしかり。
毛筆タイプやソフトタイプの筆ペンはベタ入れにこそ重宝していましたが、それで文字をうまく書こうなどとは思ったこともありません。
そしてハードタイプの筆ペンは、それこそサインペンやマーカーと変わらないわけで、ジャンルとしての興味もほとんどありませんでした。

使ってみたことがないわけではないのです。
ただ、過去、自分に合った筆ペンがなかった。それだけのことなのです。
でも、ここ十数年は、筆ペンに対して「食わず嫌い」だったことは否めません。

先日の『お願い! ランキングGOLD』でランク外ながらVTRで紹介された、呉竹精昇堂の「美文字筆ぺん」もまた、食わず嫌いの未知の存在でした。
ただ「ラバーグリップのついたハードタイプの筆ペン」だという印象しかなく。
でも、何となく気にはなっていたのです。



買ってみました。
書いてみました。
そして、その気持ちの良さにちょっと驚いているところです。
気持ちいい!
止め、跳ね、払い。
我流ではありますが、書いていて本当に普段より字が綺麗になったような気がします。



よく見ると、先端に段差があります。
先の部分が柔らかいペン先。
段から後ろが、硬いペン先。
全体が柔らかいと、本当の筆のように筆圧ゼロで書く必要があります。
全体が硬いと、前述のようにサインペンやマーカーと変わらない存在になります。
その、中間。
ペンのように書いてもよし。そして、止めたり払ったりするときに、瞬間的に力を掛け、抜きます。
すっ。
気持ちいい!
小生が今まで筆ペンに抱いていた不満が一気に解消したような気がします。
昨年はプラチナ万年筆が武田早雲モデルを出したりもしています。
まだまだ進化の可能性のあるジャンルだということですよね。
筆ペンも侮れません。
筆記具って本当に奥が深いですよね!

拍手[2回]

    
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
 
[1532]  [1531]  [1530]  [1529]  [1528]  [1527]  [1526]  [1525]  [1524]  [1523]  [1522
プロフィール
HN:
他故壁氏
HP:
性別:
男性
趣味:
文房具/小説/写真
自己紹介:
読み方:Tako Kabeuji
所属:ブング・ジャム
POWERTAC
Project T.A.C.
小説執筆時PN:楽光一
読み方:Tanoshi Kouichi
身長:168cm
体重:59kg
Twitter:takokabeuji
mixi:227981
facebook:takokabeuji
カウンター
カレンダー
07 2017/08 09
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[07/16 きたきつね]
[04/02 ヒロ]
[02/06 龍]
[02/05 龍]
[01/24 輪音]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © powertac.blog.shinobi.jp All Rights Reserved. 忍者ブログテンプレート