ブンボーグA(エース)他故壁氏が、文房具を中心に雑多な趣味を曖昧に語る適当なBlogです。
きのう「スタンプ発射台」の記事を書きましたけど、改めて写真を追加したりその他の木製文房具を紹介したりしてみたいと思います。

まずは追加写真。
動画を観ることができない環境にある方のために。
スタンプ発射台の下にあるボタンを押すと──



ぽん、と真ん中からロケットが飛び出し、下のハンコに合体してスタンプになります。



ロケットの基部にある強力磁石と、ハンコに内蔵されている強力磁石が吸い寄せられてスタンプになります。
どのハンコにロケットが吸い寄せられるのかは判りません。



けっこうがっちり合体しているので、そのまましっかりスタンプすることが可能です。



オプションのふたを乗せると、簡易サイコロというか、変わり種ルーレットに変身します。
下にあるハンコの磁石に吸い寄せられるので、これまたそれなりにランダムに数字が選ばれます。
けっこう楽しいです。

それと、ロケット部分は通常のスタンプ柄のデザインもありまして。
実はハンコもオプションで多数揃えられておりました。



通常柄と、デザインで選んだスタンプがふたつ。
「たまがえしだ」は去年流行ったあのフレーズに似ていますが、Omo-proのデザイナーさん曰く「スイカって成長途中で触るとそこから大きくならないってご存知でしたか? でも大きくなってきたら丸く育てるために転がさないといけないんです」──そのひっくり返す行為を「玉返し」って言うんですって。そのトークがあまりに面白かったのでつい。
もうひとつの「まじめにおやりなさい」は、我が息子ダイノジに使ってやろうかと。



合体して、ぽん。
これはこれで秀逸なデザインだと思います。
発射台云々がなかったとしても。

そして、「アイデアを形に」というキャッチフレーズで心を射貫かれた、これこそ彼らのアイデアの具現化。



アイデア起き上がり小法師です。
涙滴型のスタイルはかわいらしくもあり、存在感もあり。
そして、握り心地もいいのです。



むかし、何かに感化されてクルミを二個握ってごりごりしていた時期がありましたが、丸いものを手の中で握って弄ぶって落ち着きますよね。
これならクルミのときのようにうるさい音は出ませんし、置いておいてもゴミ扱いされたり紛失したりもなさそうです。

木の香りに囲まれて過ごす土曜の朝。気持ちのいい休日になりそうです。
次回、Omo-pro出展はHandMade in Japan Fes 2014
7月19日と20日、東京ビッグサイトです。
欲しくなった方はこちらへどうぞ!

拍手[0回]

    
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
 
[1629]  [1628]  [1627]  [1626]  [1625]  [1624]  [1623]  [1622]  [1621]  [1620]  [1619
プロフィール
HN:
他故壁氏
HP:
性別:
男性
趣味:
文房具/小説/写真
自己紹介:
読み方:Tako Kabeuji
所属:ブング・ジャム
POWERTAC
Project T.A.C.
小説執筆時PN:楽光一
読み方:Tanoshi Kouichi
身長:168cm
体重:59kg
Twitter:takokabeuji
mixi:227981
facebook:takokabeuji
カウンター
カレンダー
07 2017/08 09
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[07/16 きたきつね]
[04/02 ヒロ]
[02/06 龍]
[02/05 龍]
[01/24 輪音]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © powertac.blog.shinobi.jp All Rights Reserved. 忍者ブログテンプレート