ブンボーグA(エース)他故壁氏が、文房具を中心に雑多な趣味を曖昧に語る適当なBlogです。
ぺんてるという筆記具メーカーはいつもどこかとんがっていて、ファンにはそこがたまらないのですけど。
小生が大学生の頃、好きで愛用していたペンがありました。

セラミクロン500という製品です。



先端がセラミックでできていて、細く書けて潰れないというのが最大の売りでした。
当時でも、替芯式とは言え一本500円のミリペンは高価なものでした。
ロットリングに憧れていた大学生が試しに買うのでも、ちょっと敷居が高い感じがしましたっけ。

ぺんてるの、この頃の白の使い方が好きです。
ハイポリマー120替芯のエコ仕様で、紙筒ケースを煙草のように入れた白い箱も好きでした。

小生は大学のサークルで小説を書いていたのですが、実家に帰省する際に、確かワープロは重いので東京に置いて行ったんですね。
で、正月休みの間ひまだったので、持っていったセラミクロン500とコクヨのPPCレイアウト用紙コヒ-125を使って、二段組みの縦書きエッセイを書いた記憶があります。

地元の文房具店で、ずらり並んでいた電卓をいつまでもいつまでも叩いて遊ぶ少女。
やや不思議な光景をまぶたに焼きつけて帰宅し、その様子をイラスト入りの原稿に仕上げました。
たぶん、あれは東京に戻って、サークルの会誌に載せたはずです。

記憶に残る光景があります。
たびたび思い出す出来事があります。
そんな想い出を彩る「相棒」は、いつだって文房具でした。
時代は変わり、「相棒」は流れていきます。
それでも。
こうして四半世紀が過ぎ去っても、まだ手許で活躍が可能な「相棒」たち。
出番は少なくなってしまっていますが、これからも永く、ゆっくりとつき合って行きたいものです。

拍手[3回]

    
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
 
[1740]  [1739]  [1738]  [1737]  [1736]  [1735]  [1734]  [1733]  [1732]  [1731]  [1730
プロフィール
HN:
他故壁氏
HP:
性別:
男性
趣味:
文房具/小説/写真
自己紹介:
読み方:Tako Kabeuji
所属:ブング・ジャム
POWERTAC
Project T.A.C.
小説執筆時PN:楽光一
読み方:Tanoshi Kouichi
身長:168cm
体重:59kg
Twitter:takokabeuji
mixi:227981
facebook:takokabeuji
カウンター
カレンダー
09 2017/10 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[07/16 きたきつね]
[04/02 ヒロ]
[02/06 龍]
[02/05 龍]
[01/24 輪音]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © powertac.blog.shinobi.jp All Rights Reserved. 忍者ブログテンプレート