ブンボーグA(エース)他故壁氏が、文房具を中心に雑多な趣味を曖昧に語る適当なBlogです。
まあ大体において杜撰な性格が災いし、ちっとも写真が上手くならないわけですが。
だいいちマクロレンズをつけて三脚を使わず手持ちで写真を撮っていい絵が手に入るわけもなく。

【マクロ1】新ペン先のペン先



新ペン先という名のペンがあります。
スクールペンに似た硬さの白ペンに、万年筆の機構である櫛溝とカートリッジで内部からインキを供給する、「つけないつけペン」です。
この硬さがわりと好きで、メンテナンスフリーであることをいいことにラフに使っておりましたところ。
ペン先が欠けてしまいました。
マクロで撮ってみると、どうも皮膜が剥がれていたりところどころ錆のようなものも見受けられるようです。
こうなると、もうこのペンは使いようがありません。
また新しく買ってくることになりそうです。

【マクロ2】ドットライナースティックのギア基部



やっぱりテープのりを使い切ることができません。
ギアの基部にのりが固着し、テープを使い切る前にギアが回らなくなってしまうのです。
これは別にドットライナースティックが悪いのではなく、小生が使うとコクヨだろうがトンボだろうがニチバンだろうがプラスだろうがパイロットだろうが、みーんな使い切る前にギアが回らなくなるのです。
だから、これは小生の使い方のせいなのだと思います。
以前、いろいろな方からアドヴァイスをもらい、使い方を直したり気を配ったりしてみたのですが、成功率は向上せず。
現在では半ば諦め気味です。

【マクロ3】チームデミ



小生が文房具を好きになったきっかけのひとつが、このチームデミの存在でした。
大学に進学した一年間は、静岡県三島市にいました。
市内の文房具店の窓際に整然と並べられていた様々な高級文房具の中に、このチームデミがあったのです。
バイトもしていない大学一年生には、当時の2,800円はあまりにも高い金額でした。眺めては帰り、来ては眺めを繰り返していたことを思い出します。
本品はその三島時代、SBS静岡放送のラジオ番組「みらくるナイト フリーステーション1・2・0」にハガキ投稿を繰り返した結果、いただいた静岡放送のノベルティです。
二重の意味で思い出深いものです。

チームデミの想い出をもとに現在の三島市をロケハンし書いたのが、おととし出版した『タマシィガァル』でした。



『タマシィガァル』は現代の話なのでチームデミは出てこないのですが……三島市とチームデミは、小生の中では切っても切れない懐かしい想い出となって固着しております。
文房具も永くつき合うと、いろいろな想い出がつきまとってくるものですね。

拍手[0回]

    
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
 
[1786]  [1785]  [1784]  [1783]  [1782]  [1781]  [1780]  [1779]  [1778]  [1777]  [1776
プロフィール
HN:
他故壁氏
HP:
性別:
男性
趣味:
文房具/小説/写真
自己紹介:
読み方:Tako Kabeuji
所属:ブング・ジャム
POWERTAC
Project T.A.C.
小説執筆時PN:楽光一
読み方:Tanoshi Kouichi
身長:168cm
体重:59kg
Twitter:takokabeuji
mixi:227981
facebook:takokabeuji
カウンター
カレンダー
11 2017/12 01
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[07/16 きたきつね]
[04/02 ヒロ]
[02/06 龍]
[02/05 龍]
[01/24 輪音]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © powertac.blog.shinobi.jp All Rights Reserved. 忍者ブログテンプレート