ブンボーグA(エース)他故壁氏が、文房具を中心に雑多な趣味を曖昧に語る適当なBlogです。
というわけで、飛来した新型nu boardをさっそく使ってみました。



製品名は「nu board JABARAN(ヌーボード ジャバラン)」。



このように、ダブルサイズのA4判クリアホルダにセットされています。
左ポケットは空っぽです。
右ポケットに本体であるnu board JABARANが入っております。
上部にホワイトボードマーカー(パイロットのボードマスターS)が取りつけられていますが、ペンホルダーはマスキングテープで仮留めされているだけなので、好きな部分につけ替えることが可能になっています。



出してみました。
正A4寸(297mm×210mm)よりわずかに小さいです(287mm×203mm)。



その紙製のボードが、このように4つに折りたたんだ状態になっています。
ジャバランの名の所以ですね。
横長に記入内容を展開していく、あるいはテーマごとに4つを分けて俯瞰、のような使い方もできますね。



つなぎ目は単純に折り曲げてあるだけですが、ここへの記入は避けた方がいいと思います。
つなぎ目には紙製ボードの撥水加工(ホワイトボード機能)が施されていませんので、書いたら消えなくなります。



収納状態で表面に出ているボードには、5mm方眼印刷が施されています。
自分がノート感覚で何かを記入する場合や、ちょっとした図表を書きたいと思ったときにはこのガイドが役立ちます。



集団でわいわいミーティングしたり、あるいは自分で使う場合でも自由に発想したい場合は、裏面の無地ボードがいいかもしれません。
4つに折る方向は決まっていますので(必ず5mm方眼のボードが表面に出ます)しまうときに書き込んだ図表を保護したい、あるいはホルダーに入れるとはいえ書いた面を不用意に晒したくない場合は、無地ボードに記入しましょう。



ホルダーの左ポケットは空いていますから、資料などを挟んでおくのに便利です。ボード本体は正A4寸より小さいですが、ホルダーそのものははA4サイズに対応しています。

個人的に気に入っているのは、過去あったリングバインダー式のnu boardより圧倒的に軽くなったこと、ホルダーの自由度が高いこと。
nu board JABARANを2枚使って平行に置いたりすると、ミーティング時にも広く使えていいかもしれません。
ポケットは2つありますから、ボード本体が2枚になってもホルダーでの収納はひとつで済みます。マチの関係で閉じたらキツキツになるかもしれませんが。

縦長直列4枚ではなく、1枚でA4→A3→A2への変形版も欲しいですね。
縦に長い、横に長いよりも、さらに発想を拡げることができそうな気がします。
ただそうなると、折り目が難しいですか。

アイデア出し、ミーティング用だけでなく、店舗などでの簡易ディスプレイなどでも活躍しそうな製品です。
以前購入したnu boardがだいぶくたびれて来ましたので、主役交代といきましょうか。

拍手[2回]

    
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
 
[1806]  [1805]  [1804]  [1802]  [1801]  [1799]  [1800]  [1798]  [1797]  [1796]  [1795
プロフィール
HN:
他故壁氏
HP:
性別:
男性
趣味:
文房具/小説/写真
自己紹介:
読み方:Tako Kabeuji
所属:ブング・ジャム
POWERTAC
Project T.A.C.
小説執筆時PN:楽光一
読み方:Tanoshi Kouichi
身長:168cm
体重:59kg
Twitter:takokabeuji
mixi:227981
facebook:takokabeuji
カウンター
カレンダー
07 2017/08 09
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[07/16 きたきつね]
[04/02 ヒロ]
[02/06 龍]
[02/05 龍]
[01/24 輪音]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © powertac.blog.shinobi.jp All Rights Reserved. 忍者ブログテンプレート