ブンボーグA(エース)他故壁氏が、文房具を中心に雑多な趣味を曖昧に語る適当なBlogです。
世間的には「なめらか油性ボールペンは三菱鉛筆ジェットストリームで決まり」だと思うのですが。
そこに殴り込みをかけてくるメーカーがあります。

アクロボール

パイロットコーポレーションの新製品「アクロボール」は、ズバリ「ジェットストリームキラー」です。
三菱に言わせれば、まさに「俺を踏み台にしたぁ!?」状態なわけで(笑)

ニュースリリースに拠れば「インキ粘度は従来の五分の一」「潤滑剤配合で滑らか」「タイヤパターングリップで確かな握り具合」が売りのようですが。

正直に言えば、「滑らかさ」だけならジェットストリームの方が上です。
ただ、小生はジェットストリームは「滑りすぎて悪筆がより悪筆になってしまう」ので、あまり好みではありませんでした。
アクロボールは「適度な滑り」と「筆跡がコントロールしやすいグリップ」で、ジェットストリームを猛追しています。
要は「お好みでお選びください」ってことです(笑)

使用してみて、唯一「ここだけはジェットストリームを凌駕した」と思える点があります。
書き出しです。
油性ボールペンにありがちな(そしてジェットストリームも例外ではありません)書き出しの掠れが、アクロボールにはないのです。
ゲルインキボールペン以上、水性ボールペン並の掠れゼロ筆記が保証されている油性ボールペンは、今のところアクロボールだけでしょう。

これだけでも買う価値がある、と小生は思います。
これから使い込んでみて、もし最後までこの満足度が続くようなら、アクロボールは「本物」だと思います。
150円にしてこの贅沢。日本の技術は世界一ィィィィィ〜! できんことはないィィィィィ〜!

拍手[0回]

    
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
 
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
低粘度油性インク戦争勃発か
三菱鉛筆の油性ボールペン「ジェットストリーム」に対抗して、パイロット万年筆が発売
URL 2008/09/16(Tue)08:13:11
[756]  [755]  [754]  [753]  [752]  [751]  [750]  [749]  [748]  [747]  [746
プロフィール
HN:
他故壁氏
HP:
性別:
男性
趣味:
文房具/小説/写真
自己紹介:
読み方:Tako Kabeuji
所属:ブング・ジャム
POWERTAC
Project T.A.C.
小説執筆時PN:楽光一
読み方:Tanoshi Kouichi
身長:168cm
体重:59kg
Twitter:takokabeuji
mixi:227981
facebook:takokabeuji
カウンター
カレンダー
05 2017/06 07
1 2 3
4 5 6 7 8 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[04/02 ヒロ]
[02/06 龍]
[02/05 龍]
[01/24 輪音]
[03/26 多機能ペン好き]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © powertac.blog.shinobi.jp All Rights Reserved. 忍者ブログテンプレート