ブンボーグA(エース)他故壁氏が、文房具を中心に雑多な趣味を曖昧に語る適当なBlogです。
滑らかさ、色のヴァリエーション、書き味の軽さ、そして何よりその手軽さから「ボールペンの主流」になりつつあるゲルインキボールペン。

耐水性、耐光性が高く、保存性においてはピカイチ。潤滑剤配合で弱点とされていた書き味の悪さ・重さまで克服してきた油性ボールペン。

では。
水性ボールペンはもう必要ないのでしょうか?
出番は見当たらないのでしょうか?

VボールRT

パイロットの「VボールRT(リトラクタブル)」は、そんな時代にあえて登場した「窮極の水性ボールペン」です。
その書き味はあくまでスムーズ。。
ぜったいに掠れない。ぜったいに途切れない。
ノック式で手軽さも倍増。

……でも、それって潤滑剤入り油性ボールペンやゲルインキボールペンにだってできることじゃないですか?

違います。
水性ボールペンにしかできないことがあります。
「水性でしか満足度をユーザに与えることができない」項目があるのです。
それは。
インキがどばどば出てノートに染み込んでいく快感、です。

VボールRTレフィル

これは「感性」の部分に訴えかける性能です。
そして世界のどこを見渡しても、「直液式水性ボールペンでノック式」なのはVボールRTだけ、なのです。
油性やゲルでは味わえない、このインキどばどば感。
インキがノートに染み込む、という快感を味わいつつメモをとったり文章を認めたりしたい、という貴方にぜひお勧めします。
キャップ式でなら各社いまだに直液式の水性ボールペンを持っています。
でも、ノック式の便利さと来た日にゃ! あーた!

小生、「仕事ではアクロボール、プライヴェートではVボールRT」と棲み分けることにしました。
「インキが紙に吸い込まれる」という、万年筆と同じ快感を得ることができるノック式水性ボールペン。侮りがたし、パイロット。

追伸:レフィルを見ても、この筒の中にちゃぷちゃぷと液体が入っている、とは俄に信じられません。切ってみたくなる衝動を抑えつつ(笑)

拍手[0回]

    
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
 
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[758]  [757]  [756]  [755]  [754]  [753]  [752]  [751]  [750]  [749]  [748
プロフィール
HN:
他故壁氏
HP:
性別:
男性
趣味:
文房具/小説/写真
自己紹介:
読み方:Tako Kabeuji
所属:ブング・ジャム
POWERTAC
Project T.A.C.
小説執筆時PN:楽光一
読み方:Tanoshi Kouichi
身長:168cm
体重:59kg
Twitter:takokabeuji
mixi:227981
facebook:takokabeuji
カウンター
カレンダー
06 2017/07 08
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[07/16 きたきつね]
[04/02 ヒロ]
[02/06 龍]
[02/05 龍]
[01/24 輪音]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © powertac.blog.shinobi.jp All Rights Reserved. 忍者ブログテンプレート