ブンボーグA(エース)他故壁氏が、文房具を中心に雑多な趣味を曖昧に語る適当なBlogです。
との情報をツイッターにてキャッチしましたので、会社帰りに池袋ロフトに寄って購入して参りました。
ハイテックCコレト高級軸、その名も「Lumio」(ルミオ)。

ハイテックCコレトLumio1

一緒に写っている4色軸(マカロンカラー限定版)と較べてみても、新設計の気合いがひしひしと伝わってきますね。
塗装が綺麗ですが、金属軸ではありません。むしろ軽さが生命のコレトですから、樹脂軸でよかったような気がします。
500円の「Me」(ミー)と1000円の「Lumio」が高級軸のラインナップにあるわけですが、小生は迷わずLumioを購入。
それには訳があります。

ハイテックCコレトLumio2

輝くロゴ。
今までのコレトのロゴは基本的にシール巻でした。
がっちりボディに印字されたLumioのロゴは自信の表れでしょうか。

ハイテックCコレトLumio3

クリップが金属製になりました。
幸いにして小生、まだコレトのクリップを折ったことはないのですが、確かに長く使っていて不安になるパーツのひとつではあります。
挟むものにも寄りますが、今までのボディと同じ素材の樹脂クリップでは挟みたくても挟めないものもありました。これからはノートでも、ポケットでも、何でも安心して挟み込むことができます。

ハイテックCコレトLumio4

そして小生の、最大の注目点。
1000円のLumioは、ラバーグリップじゃないんです。
とぅるっとぅるなんです。
これを待っていました。
待ち望んでいました。
500円のMeは、従来の軸と同様に滑り止めのラバーが敷いてあります。
それじゃ駄目なんです。
ないほうがいいんです!

ハイテックCコレトLumio5

尾栓もデザインが変わりました。丸くてかわいいノブになりましたね。
まるで将来、ここにフリクションラバーを装着する予定があるかのような……。

ハイテックCコレトLumio6

そしてフタがちょう固い。
折れるかと思いました。

ハイテックCコレトLumio7

モールスキンにラバーバンド製の改造ペンホルダーをつけている小生にとって、ラバーグリップのコレト軸は天敵でした。
すぱッと抜けた試しがないのです。
でもコレトを携行したいのです。
悩みました。
使いにくさに涙しながら、これ以上の改良を思いつかずに数ヶ月……待った甲斐があったというものです。
これでコレトは間違いなく、小生のモールスキンライティングの相棒となりました。
やったね! もう悩み無用!
快適です!

拍手[21回]

    
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
 
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ハイテックCコレト高級軸☆
8/30記事に書いたハイテックCコレトの高級ボディ、 ブログで紹介されておりました!! 『ハイテックCコレトに高級軸が来た!』 たこぶろ...
URL 2010/09/04(Sat)23:59:11
[1197]  [1196]  [1195]  [1194]  [1193]  [1192]  [1191]  [1190]  [1189]  [1188]  [1187
プロフィール
HN:
他故壁氏
HP:
性別:
男性
趣味:
文房具/小説/写真
自己紹介:
読み方:Tako Kabeuji
所属:ブング・ジャム
POWERTAC
Project T.A.C.
小説執筆時PN:楽光一
読み方:Tanoshi Kouichi
身長:168cm
体重:59kg
Twitter:takokabeuji
mixi:227981
facebook:takokabeuji
カウンター
カレンダー
06 2017/07 08
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[07/16 きたきつね]
[04/02 ヒロ]
[02/06 龍]
[02/05 龍]
[01/24 輪音]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © powertac.blog.shinobi.jp All Rights Reserved. 忍者ブログテンプレート