ブンボーグA(エース)他故壁氏が、文房具を中心に雑多な趣味を曖昧に語る適当なBlogです。
ボーナスが出ました。
贅沢できるほど出たわけではありませんが、毎年冬のボーナス時には自分にご苦労さん、ということでご褒美を与えることにしています。
今年は、マルマンさんのフェアで観てから夢にまで出るようになった(!)マルマンとソメスサドルのコラボ革カバーを購入して参りました。

マルマン×ソメス1

伊東屋本店で在庫を訊くと、制服姿ではないソムリエというかコンシエルジュというか、そんな雰囲気の女性店員が白手袋して、バックヤードから商品をうやうやしく取り出してくれました。

マルマン×ソメス2

で、目の前で開封して。革に傷がないかどうかを確かめさせてくれます。
そういう心憎いサービスを観ると、「伊東屋の価値」みたいなものを再認識するわけですね。
これは贅沢です。

マルマン×ソメス3

ソメスサドルは革を使った日本唯一の馬具メーカーです。
その革の技術は万人を「ほうっ」と感心させるに足る、すばらしいもの。
その鞄や革小物は高価で、小生のような安月給のサラリーマンがおいそれと買えるものではありません。

マルマン×ソメス4

しかし、本当に嘆息すべき美しさです。
表面の鞣、閂ペンループの縫製、どれをとっても息を呑むばかりです。

マルマン×ソメス5

maruman × SOMESの空押しロゴが、さりげなく、そして誇らしい。

マルマン×ソメス6

小生が買ったのは、A5判のもの。
中にはニーモシネのリングノートN195が入っています。

マルマン×ソメス7

これを従来より愛用しているニーモシネ“インスピレーション”に換装。背後に表紙を折り込むことはできませんが、ペンを常時携帯できる美しいニーモシネの誕生です。

これは手荒に扱えないなあ、と今からかなり身震いしています。
トラベラーズノートのように、傷だらけの表面を誇るタイプの商品ではありません。
優しく扱い、それでいて経年変化を愉しむ──そんな緩やかな愛用を心がけていきたいと思っています。

拍手[22回]

    
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
 
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[1365]  [1364]  [1363]  [1362]  [1361]  [1360]  [1359]  [1358]  [1357]  [1356]  [1355
プロフィール
HN:
他故壁氏
HP:
性別:
男性
趣味:
文房具/小説/写真
自己紹介:
読み方:Tako Kabeuji
所属:ブング・ジャム
POWERTAC
Project T.A.C.
小説執筆時PN:楽光一
読み方:Tanoshi Kouichi
身長:168cm
体重:59kg
Twitter:takokabeuji
mixi:227981
facebook:takokabeuji
カウンター
カレンダー
10 2017/11 12
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[07/16 きたきつね]
[04/02 ヒロ]
[02/06 龍]
[02/05 龍]
[01/24 輪音]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © powertac.blog.shinobi.jp All Rights Reserved. 忍者ブログテンプレート