ブンボーグA(エース)他故壁氏が、文房具を中心に雑多な趣味を曖昧に語る適当なBlogです。
ボーナスが入ったら買おうと心に決めていた文房具があります。
今日、それを入手しました。
嬉しいです。心から。



シヤチハタの「シクオス」です。
ひねって開けるふたの部分が印鑑マットになっている優れものです。



こんな感じでぺたり、と。
自宅で銀行印を捺すときに使おうと思って買ってきたのですが、それ以外にもスタンプや篆刻印など、けっこう「何かを捺す」シーンってあるんですよね。
カラフルなスタンプ台でおしゃれにまとめることは能力的にも難しいですが、朱肉を捺すなら小生にもできます。
なんだか捺していて、めっちゃ楽しくなってきましたよ。

印鑑マット部分は決して軟質素材というわけではなく、指で押してもへこんだりはしません。
印面をきっちり捉え、滑らず確実に捺せる、そんな印象です。
小生の大好きなターコイズブルーがある、というのも評価を高くしている一因です。

で。



捺してるうちにどんどん楽しくなってしまって、いっしょに買ってきたグラファイトの0.4mm2Bを土曜に買ったH-1094に入れて、同じ紙面に書きまくってみたり。

0.4ミリシャープって、小生にとって「青春の思い出」なんですよね。
詳しいことはまたいずれ時間をたっぷり取って書いてみたいと思うのですが、社会人になって数年間はずーっと0.4ミリシャープばかり使っていました。
0.5では太く感じて。
0.3では折れてしまって。
中間の0.4が一般化したとき、これぞ自分のためのシャープペンだ! と思ったものです。
油性ボールペンが好きになれなくて。
水性ボールペンは細く書けなくて。
手帳や会議メモ、漫画原稿はシャープペンでないと書けなかった時代が永かったのです。
いつシャープペンから卒業し、ボールペン一辺倒になったのかははっきりしないのですが……おそらくドクターグリップの登場あたりから、自分の中で何かが変わり始めたのだと思います。

使っていた筆記具や文房具の「自分史」を作る作業を始めないといけませんね。
思い出せるうちに、きっちりと。
その話の中で、0.4ミリシャープの話は改めてしてみたいと思います。

拍手[2回]

    
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
 
[1511]  [1510]  [1509]  [1508]  [1507]  [1506]  [1505]  [1504]  [1503]  [1502]  [1501
プロフィール
HN:
他故壁氏
HP:
性別:
男性
趣味:
文房具/小説/写真
自己紹介:
読み方:Tako Kabeuji
所属:ブング・ジャム
POWERTAC
Project T.A.C.
小説執筆時PN:楽光一
読み方:Tanoshi Kouichi
身長:168cm
体重:59kg
Twitter:takokabeuji
mixi:227981
facebook:takokabeuji
カウンター
カレンダー
10 2017/11 12
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[07/16 きたきつね]
[04/02 ヒロ]
[02/06 龍]
[02/05 龍]
[01/24 輪音]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © powertac.blog.shinobi.jp All Rights Reserved. 忍者ブログテンプレート