ブンボーグA(エース)他故壁氏が、文房具を中心に雑多な趣味を曖昧に語る適当なBlogです。
A5サイズにこだわるのは、持ち運びやすいからです。
アイデアを出したりイラストを描いたり、広い範囲が必要なときはA4が欲しくなりますが、それ以外の日常の運用方法では、こと可搬性がものを言います。
常に持ち運べる最大サイズが、小生の場合A5なのです。

で、できればジョッターを使いたい、と。
ノートがいけないわけではないのですが、分厚いノートはそれだけで重くなりがちです。
そして小生の書き癖から言って、分厚いノートは書きにくいのです。右端で置いていた右手ががくん、と外に落ちてしまう癖を直さない限り、分厚いノートを持ち歩く選択肢はありません。

でも、A5ジョッターってあんまりないんですよね。



これはUNITED BEESのA5ジョッター「Flip pad」です。
女性向けのデザインですので、ペンホルダーがめっちゃ細いです。ラバーグリップのついたペンはどんなに細身でも抜き差しができなかったので、大人の鉛筆をセットしています。
用紙はマルマンのルーズリーフ「ジウリス」。すばらしい書き心地を約束してくれる、最高級の用紙です。



こういうふうに、「A5ジョッター+ルーズリーフ」という組み合わせが、持ち運んでしっくりくることもあるのです。
流行りませんかね、A5ジョッター。

ルーズリーフが大人の間で流行らない要因って「バインダーごと持ち歩くと無駄に重い」ってこともあるんじゃないかと思うんですよね。
書くために分離された用紙。
集積されるためのコンテナとしてのバインダー。
分割して考えれば、より運用しやすくなるんじゃないかと。
で、ルーズリーフはスキャンすればいいわけですから、外出時は「書くための」ジョッターと「見るための」Evernote、そして帰宅したらスキャン後はバインダーに保存、と。

小生どうしても「スキャン後の用紙」を捨てることができないのです。
それも、自分が手書きしたものであればなおさら、です。
なので、スキャン後の保管場所が決まっているとたいへんすっきりするんですよね。

ところで、ジョッターの上に載っている虫みたいなものは、いまダイノジ(6歳1ヶ月)がはまっている「漢字からその文字の意味する動物に変形する玩具」モジバケルの「たこ」です。
彼のコレクションを最後に掲載しておきますね。



虎! 鯱! 蛇! 蛸!

拍手[1回]

    
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
 
[1513]  [1512]  [1511]  [1510]  [1509]  [1508]  [1507]  [1506]  [1505]  [1504]  [1503
プロフィール
HN:
他故壁氏
HP:
性別:
男性
趣味:
文房具/小説/写真
自己紹介:
読み方:Tako Kabeuji
所属:ブング・ジャム
POWERTAC
Project T.A.C.
小説執筆時PN:楽光一
読み方:Tanoshi Kouichi
身長:168cm
体重:59kg
Twitter:takokabeuji
mixi:227981
facebook:takokabeuji
カウンター
カレンダー
07 2017/08 09
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[07/16 きたきつね]
[04/02 ヒロ]
[02/06 龍]
[02/05 龍]
[01/24 輪音]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © powertac.blog.shinobi.jp All Rights Reserved. 忍者ブログテンプレート