ブンボーグA(エース)他故壁氏が、文房具を中心に雑多な趣味を曖昧に語る適当なBlogです。
2008年7月11日、我が家にやってきたiMac Early2008。
当時いちばん安いiMacでしたが、今日まで現役で小生のメインマシンの座を守ってきました。



当時使っていた日立の携帯電話、AU W22Hで撮った写真です。いやあ、こんな写真しか残ってないんですね。

あれから7年。
時代は変わり、Mac OSXも10.5から10.10になり、ソフトウェア環境やハードウェア環境もずいぶん様変わりしました。
今年はMacBookAirを導入したこともあって、7年という変化の大きさをまざまざと知ることにもなりました。



MacBookAirを使ってみて、「最新のMacはノートといえど7年前のデスクトップより早い」と実感している部分があります。
MacBookAirはハードディスクを積んでいません。アクセスが早く、仮想メモリの動くiMacより確実に処理を素早く行うことができます。
では、iMacはもうお払い箱なのでしょうか?
こいつにできることはもうないのでしょうか?

頻繁に仮想メモリにアクセスし、やたらごりごり音を出すことに疑問を持った小生は、メモリ使用状況を調べてみることにしました。

ファインダ→アプリケーション→ユーティリティ→アクティビティモニタ

このアプリケーションで、現在iMacがどのアプリケーションにメモリを占有されているのかが判ります。
iMacに積まれたメモリの量は4GB。
その4GBが、どのアプリケーションにどう割り当てられているのか。
──仮想メモリの動く現況が一目瞭然になりました。
ブラウザのGoogleChromeのせいでした。
Chrome関係のアプリケーションが、合計2.5GBほどメモリを占有していたのです。
それ以外に常駐しているアプリケーションもありますので、空きメモリは20MBも残されていません。
これでは仮想メモリが始終動くのも仕方がないですね。

GoogleChromeを終了させ、Safariを起動してみます。
Safariは大きく重いHPをタブで複数読み込んでも、合計800MBほどまでしかメモリを占有しません。
仮想メモリが動く音がぴたり、と止まりました。
GIMPを同時に起動し、6000×4000ピクセルの写真を加工しても、仮想メモリは起動しませんでした。

そして、仮想メモリの動かないiMacは、MacBookAirと変わらない快適さで画像加工を終わらせることができたのです。
なんだ、やるじゃん。まだまだいけるじゃん。

iMac Eariy2008は4GB以上にメモリを増やすことはできません。
だから、これ以上快適になることはもうないのです。
でも。
これで充分です。
まだまだメインでお願いしますよ、iMac! わが相棒よ!

拍手[1回]

    
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
 
[1744]  [1743]  [1742]  [1741]  [1740]  [1739]  [1738]  [1737]  [1736]  [1735]  [1734
プロフィール
HN:
他故壁氏
HP:
性別:
男性
趣味:
文房具/小説/写真
自己紹介:
読み方:Tako Kabeuji
所属:ブング・ジャム
POWERTAC
Project T.A.C.
小説執筆時PN:楽光一
読み方:Tanoshi Kouichi
身長:168cm
体重:59kg
Twitter:takokabeuji
mixi:227981
facebook:takokabeuji
カウンター
カレンダー
07 2017/08 09
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[07/16 きたきつね]
[04/02 ヒロ]
[02/06 龍]
[02/05 龍]
[01/24 輪音]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © powertac.blog.shinobi.jp All Rights Reserved. 忍者ブログテンプレート