ブンボーグA(エース)他故壁氏が、文房具を中心に雑多な趣味を曖昧に語る適当なBlogです。
以前、このブログでも絶賛したクツワの携帯用鉛筆削り「2枚刃」。
一般的な携帯用鉛筆削りの約二倍の速度で鉛筆を削り、わずか8回転で新品の鉛筆もとがる脅威の2枚刃を装備した最強鉛筆削りとして、今なお我々の記憶に新しいこの製品ですが。

知らないうちに、高級バージョンが誕生しておりました。
まったくノーマークだったので、発見したときは驚きのあまり「うひゃー」と店頭で声を上げてしまうほどで。
それがこれ、ケイ・コーポレイションTwo Blade GLASS JAR SHARPENERです。




うむ。
名前に違わず、グラスジャーポットです。
無垢のアルミニウムから削り出した蓋パーツが異様なほどにかっこいいですね。



蓋の中央には鉛筆を挿す穴が空いています。
その裏面には、鉛筆削りの心臓部とも呼べるブレードユニットが装着されております。



ユニット内部には中島重久堂のメイドインジャパンブレードが上下に2枚、装備されています。



削るとこんな感じに、両方から削りかすが出てきます。
そして謳い文句に紛うことなく8回転で──



きっちり鉛筆を尖らせることが出来るのです。



自宅に置いておくと、ちょっとしたインテリアにもなりそうです。
それでいて、実力派の逸品でもあります。
小型鉛筆削りに2,500円(税抜)とは何事か! と思われるかもしれませんが、削る行為の満足度から言えば安いものです。
もちろん、今までの2枚刃は携帯用としてそのまま継続使用です。
グラスジャータイプは蓋の穴を閉じる機構がないため、持ち歩くと削りかすが漏れる恐れがありますので。
これでまたひとつ、鉛筆を削る楽しみが増えました。
大切に使っていきたいですね。

拍手[2回]

    
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
 
[1789]  [1788]  [1787]  [1786]  [1785]  [1784]  [1783]  [1782]  [1781]  [1780]  [1779
プロフィール
HN:
他故壁氏
HP:
性別:
男性
趣味:
文房具/小説/写真
自己紹介:
読み方:Tako Kabeuji
所属:ブング・ジャム
POWERTAC
Project T.A.C.
小説執筆時PN:楽光一
読み方:Tanoshi Kouichi
身長:168cm
体重:59kg
Twitter:takokabeuji
mixi:227981
facebook:takokabeuji
カウンター
カレンダー
10 2017/11 12
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[07/16 きたきつね]
[04/02 ヒロ]
[02/06 龍]
[02/05 龍]
[01/24 輪音]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © powertac.blog.shinobi.jp All Rights Reserved. 忍者ブログテンプレート