ブンボーグA(エース)他故壁氏が、文房具を中心に雑多な趣味を曖昧に語る適当なBlogです。
使ってみないと判らないことってありますよね。
あとは、使ってみたら自分には合わなくて、それっきりになっちゃってることとか。
自分の中でそんな、気になる文房具が3つ。



例えば、ゼブラのスラリ
相変わらずサラサと区別がつかないのですが(並べればモノとしての違いは判るんですけど、あまりに名前の印象が似すぎていて……)、発売当初は感熱紙(レシートとか)に書くことが出来なかったんですよね。

発売から5年──実に5年ぶりに触れたスラリは、発売当初に感じた「か細いインキ流出量」「最新のボールペンにしては黒々していない」「感熱紙に書けない」といったネガティブな部分を総て払拭した、まっとうな存在となっておりました。
当たり前ですよね。製品は日々、改良されているのですから。

それを言うなら、これだって。



コクヨの鉛筆シャープです。
これもジュニアシャープペンシル発売当初に買って以来、携帯するとこのノックノブの穴から芯が飛び出て困っていたのですよね。

発売から5年──実に5年ぶりに触れた鉛筆シャープは、芯を補充するのにこのノックノブの穴を使うことに変わりはないのに、振ろうが逆さにしようが芯が出ない画期的な改良──逆流防止弁が装備され、まっとうな存在となっておりました。
当たり前ですよね。製品は日々、改良されているのですから。

それと。
これは改良とかの話ではないのですが、気になって買ってきたもの。



鉄道むすめ、仙台空港鉄道の「杜みなせ」グッズです。
鉄道むすめというキャラクターシステムには特に興味はないのですが、仙台空港鉄道という選択と三角定規というセレクトの珍しさからつい。
彼女のグッズが三角定規なのは、彼女がダイヤグラムを組む業務、運輸司令員だからなのですね。斜辺の目盛りが「min」になっているのも頷けます。これはもしかしたら、いっしょに売っていたダイヤグラム楽習帳と連動していたのでは……?
ああ、鉄分がゼロなので、ここら辺がまったくピンとこないのがもどかしいですね。

でもまあ、何でも買ってみて、実際に手にとって使ってみないとその良さが判らないのが文房具。
大した出費ではありません。みなさまもぜひお手にとって、色々な文房具をお試し下さい。その中には、きっとお気に入りの文房具が含まれているはずです。

拍手[2回]

    
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
 
[1790]  [1789]  [1788]  [1787]  [1786]  [1785]  [1784]  [1783]  [1782]  [1781]  [1780
プロフィール
HN:
他故壁氏
HP:
性別:
男性
趣味:
文房具/小説/写真
自己紹介:
読み方:Tako Kabeuji
所属:ブング・ジャム
POWERTAC
Project T.A.C.
小説執筆時PN:楽光一
読み方:Tanoshi Kouichi
身長:168cm
体重:59kg
Twitter:takokabeuji
mixi:227981
facebook:takokabeuji
カウンター
カレンダー
07 2017/08 09
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[07/16 きたきつね]
[04/02 ヒロ]
[02/06 龍]
[02/05 龍]
[01/24 輪音]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © powertac.blog.shinobi.jp All Rights Reserved. 忍者ブログテンプレート