ブンボーグA(エース)他故壁氏が、文房具を中心に雑多な趣味を曖昧に語る適当なBlogです。
会社で毎日、ワイシャツの胸ポケットに入っている。
ジブン手帳にスケジュールを、健康情報を、メモを書き込む。
ポスト・イットだろうとアクセスノートブックだろうと何だろうと、最初に書き込むのに使う。
つまりは、いま相棒と呼んで差し支えない、小生のトップバッター。



それがフリクションボール4です。
こすって消すことのできるゲルインキボールペン、フリクションボールの4色複合タイプですね。

グリップはUNUSのスマートグリップに換装しています。当初は溝タイプを愛用していたのですが、本体ごと紛失。現在はローレットタイプに落ち着きました。
フリクションボール4のラバーグリップはあまり好きになれません。何となく「滑らなすぎ」で。
手の中でも、ポケットでも、するりと入ってさっと出て行き、そして書くときはしっかり止まる──ラバーではできなかった手触りが、スマートグリップでは実現できます。
アルミ製なので、金属の削り出しではありますが、さほど重くは感じません。でも、プラ製のラバーグリップよりは重いのです。
この「わずかな重さ」が、ペン先のコントロールしやすさに繋がっています。

フリクションボール4は購入時0.5ミリリフィルが入っていますが、小生はすべて0.38ミリの極細リフィルに換装しています。
フリクションインキのブラックは改良を重ねられ、かなり濃く黒々とした筆跡を見せるようになりました。でも、フリクションボール3発売当時から4年以上ブルーで文字を書いてきたので、どれほど進化しても気持ちがブラックになびきません。
なので、フリクションボール4のブラック部分は、UNUSのリフィルアダプタを噛ませて油性ボールペンであるアクロ芯BRFS-10EF-Bを入れています。
これで「消えては困る文書」が突然現れても問題なく対応ができます。

使い込んで塗装が剥げかかってきたローレットグリップですが、その愛着は増すばかり。
こいつが一線を退く日を想像するのは難しいですね。
まさに愛用、まさに相棒。
更なる画期的な筆記具が出ることを夢想しながら、今日もフリクションボール4を紙面に走らせています。

拍手[3回]

    
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
 
[1835]  [1834]  [1833]  [1832]  [1831]  [1830]  [1829]  [1828]  [1827]  [1826]  [1825
プロフィール
HN:
他故壁氏
HP:
性別:
男性
趣味:
文房具/小説/写真
自己紹介:
読み方:Tako Kabeuji
所属:ブング・ジャム
POWERTAC
Project T.A.C.
小説執筆時PN:楽光一
読み方:Tanoshi Kouichi
身長:168cm
体重:59kg
Twitter:takokabeuji
mixi:227981
facebook:takokabeuji
カウンター
カレンダー
08 2017/09 10
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[07/16 きたきつね]
[04/02 ヒロ]
[02/06 龍]
[02/05 龍]
[01/24 輪音]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © powertac.blog.shinobi.jp All Rights Reserved. 忍者ブログテンプレート