ブンボーグA(エース)他故壁氏が、文房具を中心に雑多な趣味を曖昧に語る適当なBlogです。
うちのムスコ(ちいさいころから「ダイノジ」と呼んでいます)もこの春で小学5年生。
身体はでかくなりましたが、生活態度は相変わらずで。
きのうも筆箱を机上に放置していたので確認したら、鉛筆がごそっとなくなっておりました。
どこに行ってしまうのか本人も判らないようなので、根掘り葉掘り訊いたりはしません。
鉛筆と消しゴムは小学生にとって本当の意味での消耗品。
毎日使う、学校での相棒です。
それこそ日常的に手にして使うものですから、「なんでもいい」はずがありません。



我が家では現在、ダイノジにハイユニ2Bを削って渡しています。
ちびて使えなくなったものや折れてしまったものは交換し、自宅で鉛筆補助軸を使って使用します。
紛失してしまったものは仕方ないので、改めて新品を削って入れておきます。

日本製の鉛筆はどれも品質が高水準で、何を選んでも小学生が授業でノートを取る際に問題になるような製品はありません。技術的に成熟してしまった結果、JISマークの表示が不要であると業界内で判断されたほどです(JIS規格そのものは存在し、日本製の鉛筆はそれを厳格に守り製造されています)。
なので、別に三菱鉛筆でもトンボ鉛筆でも北星鉛筆でも、日本製であればどこでも構わないはずです。
でも、ダイノジは絵を描くのが好きで、授業以外でもいっぱい鉛筆を使います。
絵を描くとなると、やはりアート方面に性能を振った、ちょっといい鉛筆を使わせてあげたくなります。

日本で最高品質であるならば、それは紛れもなく世界で最高品質です。
ハイユニは日本が誇る世界の鉛筆です。
その滑らかさ、軸の質感、黒々とした筆跡──どれを取っても「子供の頃から肌で感じ取って欲しい最上級の心地よさ」なのです。

1ダース、ラスト1本。
そろそろ次を用意しておく必要があります。
でも次はモノ100を買ってきて与えるかもしれません。
そういう選択肢がある、ということ自体が「日本が豊かな証拠」だと思っていますから。

ハイユニもモノ100も、一本で140円(税抜)です。これを「たかが鉛筆一本に」「高い」と言って忌避してしまうのは本当にもったいないです。
わずか140円で、筆記距離50キロメートルの旅に出ることができるというのに。しかも高級サルーンの乗り心地に似たストレスフリーのロングドライブが楽しめるというのに。
そういう楽しみを、大人も、子供と共有して欲しいと思います。

拍手[4回]

    
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
 
[1836]  [1835]  [1834]  [1833]  [1832]  [1831]  [1830]  [1829]  [1828]  [1827]  [1826
プロフィール
HN:
他故壁氏
HP:
性別:
男性
趣味:
文房具/小説/写真
自己紹介:
読み方:Tako Kabeuji
所属:ブング・ジャム
POWERTAC
Project T.A.C.
小説執筆時PN:楽光一
読み方:Tanoshi Kouichi
身長:168cm
体重:59kg
Twitter:takokabeuji
mixi:227981
facebook:takokabeuji
カウンター
カレンダー
10 2017/11 12
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[07/16 きたきつね]
[04/02 ヒロ]
[02/06 龍]
[02/05 龍]
[01/24 輪音]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © powertac.blog.shinobi.jp All Rights Reserved. 忍者ブログテンプレート