ブンボーグA(エース)他故壁氏が、文房具を中心に雑多な趣味を曖昧に語る適当なBlogです。
小生、仕事で毎日100枚ほどの書類に蛍光ペンで線を引く作業をしています。
入力位置を指示して、その書類を入力担当者に渡すのですが。

以前、このブログでも小生の「めちゃめちゃなペングリップの話」を何度かしています。

書きかた万年筆

持ち方を科学する


その話題の中では触れなかったのですが、酷い握りだった時代でも、実は正しく握っていたペンがたったひとつだけあったのです。

それが、蛍光ペンでした。

ペングリップ蛍光ペン矯正法

蛍光ペンって、ペンチップがチゼル(くさび)形態になっているじゃないですか。
で、その平らな面を紙に置いて、なるべくまっすぐな線を引こうとしますよね。
あまり強く押しつけたら、さっと線を引くことはできません。
軽すぎると、ペンチップが紙面から浮いてしまい、引かれた線が美しくありません。
あのチゼルの直線部分を紙面にぴったり置こうとしたら、自然と正しい握り位置を握らざるを得ないと思いませんか?
快適な握り位置は実は一ヶ所しかないのではないでしょうか。

小生は毎日、蛍光ペンで線を引きます。
三日で一本の蛍光ペンを使い潰します。
ただひたすら、引く。引く。引く。
そのお陰で、正しいペングリップを体得できたような気がします。

その感覚を忘れなければ、他のペンでも──万年筆でも、ボールペンでも、シャープペンでも、正しく握って快適に書けるような気がするのです。
皆さまも、自分のペングリップに自信がなかったら、ぜひ蛍光ペンによる「アンダーライン千本ノック」を試してみてください。
ひたすら線を引くって、それだけでも楽しいですよ!

拍手[2回]

    
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
 
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[1143]  [1142]  [1141]  [1140]  [1139]  [1138]  [1137]  [1136]  [1135]  [1134]  [1133
プロフィール
HN:
他故壁氏
HP:
性別:
男性
趣味:
文房具/小説/写真
自己紹介:
読み方:Tako Kabeuji
所属:ブング・ジャム
POWERTAC
Project T.A.C.
小説執筆時PN:楽光一
読み方:Tanoshi Kouichi
身長:168cm
体重:59kg
Twitter:takokabeuji
mixi:227981
facebook:takokabeuji
カウンター
カレンダー
07 2017/08 09
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[07/16 きたきつね]
[04/02 ヒロ]
[02/06 龍]
[02/05 龍]
[01/24 輪音]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © powertac.blog.shinobi.jp All Rights Reserved. 忍者ブログテンプレート