ブンボーグA(エース)他故壁氏が、文房具を中心に雑多な趣味を曖昧に語る適当なBlogです。
というわけで、今年のISOT2012でも注目株だった、オルファの安全刃折器「ポキ」の最新型「ポキステーション」が昨日発売になりました。



今までも、「カッターは刃を折ってこそ綺麗に、そして安全に使える」を主張し、ポキを始めとする様々な刃折器を発売してきたオルファですが。
ここにきて、まさかカッターの「駅」を作ってしまうとは!



こんな感じで、卓上に立てて置くタイプです。



裏面にスタンドがあって、そこにカッターを無造作に突っ込んでおくことが出来ます。
中仕切が一枚入っていて、四分の一ピッチで切れ込みが走っていますので、「真ん中にひとつ」あるいは「右3/4、左1/4(逆も可)」に仕切を変化させることによって、立てるものの安定を図ることもできます。



本体はこんな感じでぱこっと取り外すことができますが、刃を折る際にはベースに立てたままにしておきます。



この商品のキモは、Sサイズ刃、Mサイズ刃、Lサイズ刃のどのカッターでも「安全に、簡単に」刃を折ることが出来るこの仕組みにあります。
上部に金属のカバーがあり、それを折りたいカッターのサイズに合わせておくことによって、実に簡単に刃を折ることができるのです。
唯一の注意点は、割とメジャーな存在であるブラックS型のみ、カバーを「M」の位置で使う必要がある、という点でしょうか。



あとは、こうして上部を右側にスライドさせ、カッターをはめて(ぴたっとはまって微動だにせず、とても気持ちいいです)、左に傾いて出ている三角形の金属レバーを軽く押すだけ。
S型でも。



M型でも。



L型でも。
楽々!
怖さ知らず!

で、折れた刃は、と言いますと。



中に落ちます。



溜まったら、裏ぶたを開けて捨てましょう。

実は、ここが小生の、この商品に関する唯一の懸念点です。
溜まったカッターの刃って、どうやって捨てるのがベストなんでしょうか。
「自治体のルールに従って」と言われても、ここに50枚カッターの折れた刃が溜まっていたら、怖いですよねやっぱり。
ここが唯一、過去のポキシリーズ(ふたを開けることができないタイプ)の方が優れている点じゃないのかなあ、と思ってしまうのですよね。
もちろん、開けられないポキは「自治体のルールでプラと金属を分別しなくてはならない」と言われると困るわけですけど……。

例えば。
インクジェットカートリッジ回収サービスみたいに、文房具店やホームセンターに「ポキ〈終着駅〉」ってのがあって、そこにポキステーションのカートリッジを持ち込むと、新しいカートリッジに交換してもらえて、刃を見ることなく処理してもらえるとか。

駄目ですかねえ。
無理ですかねえ。

「次は終着駅、ポキステーションです」──肝付兼太の声で。
そういうわけには行きませんかねえ。

拍手[5回]

    
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
 
[1473]  [1472]  [1471]  [1470]  [1469]  [1468]  [1467]  [1466]  [1465]  [1464]  [1463
プロフィール
HN:
他故壁氏
HP:
性別:
男性
趣味:
文房具/小説/写真
自己紹介:
読み方:Tako Kabeuji
所属:ブング・ジャム
POWERTAC
Project T.A.C.
小説執筆時PN:楽光一
読み方:Tanoshi Kouichi
身長:168cm
体重:59kg
Twitter:takokabeuji
mixi:227981
facebook:takokabeuji
カウンター
カレンダー
07 2017/08 09
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[07/16 きたきつね]
[04/02 ヒロ]
[02/06 龍]
[02/05 龍]
[01/24 輪音]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © powertac.blog.shinobi.jp All Rights Reserved. 忍者ブログテンプレート