ブンボーグA(エース)他故壁氏が、文房具を中心に雑多な趣味を曖昧に語る適当なBlogです。
つい先日の話で。
きだて氏と文具王と文房具のことを語っていたのですが、その際に「ラッケージは出来る限りでかい壁掛けを買うべきだ」という話になりまして。

ラッケージってご存知ですか?
キングジムから出ている、微弱な静電気で紙片を吸いつける吸着掲示板なのですが。
小生も以前、初号機である卓上型が出た時に「これはいける!」と思って即買いしたのですが。

その後、下半分の静電気が消失。電池を交換しても回復せず、修理に出そうかどうしようか迷っていたのですね。
そこに、きだて氏と文具王の発言。
もっとも、我が家には文具王が導入した最大サイズ(120センチ×90センチ)を設置できる壁面はありません。
ぎりぎり45センチ×60センチならいける! と踏んで、さっそく購入。いままでやっすいホワイトボードを吊っていた箇所に、改めてラッケージを設置しました。



そのホワイトボードにマグネットで貼りつけていた掲示物をそっくりラッケージに移動させたら、ほとんど埋まってしまったのですが……まあ、これから取捨選択していこうかとは思っています。

理想的な使用方法は、
1)メモ(粘着する付箋紙でない紙片)の掲示
2)紛失しがちな紙片(ここではサービス券や子供が集めているベルマークなど)の掲示
3)ある時期まで情報として持っておきたいDMなどの掲示
で、本当は充分にスペースがあったら、5×3カードで書いたメモを次々にひゅっと貼りつけて思考の整理をしたいのですが……。

ただいずれにせよ、「紙片が発生していて、それを一定期間目のつく場所に掲示したい」という場合、これほど便利な製品はないと思います。
マグネットでつけていたころは、ちょっとした振動でぽろぽろマグネットが落ちていましたし、必ずしもマグネットが小さいとは限らないので掲示内容がよく見えなかったり、けっこう難儀してたんですよね。

もっと大きなラッケージを設置できる大きなうちに住みたいと思います。ホントに。
そのくらい、ラッケージは小生にとって便利な「文房具」なのです。
いいですよ、これ。改めてお薦めします。

拍手[1回]

    
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
 
[1773]  [1772]  [1771]  [1770]  [1769]  [1768]  [1767]  [1766]  [1765]  [1764]  [1763
プロフィール
HN:
他故壁氏
HP:
性別:
男性
趣味:
文房具/小説/写真
自己紹介:
読み方:Tako Kabeuji
所属:ブング・ジャム
POWERTAC
Project T.A.C.
小説執筆時PN:楽光一
読み方:Tanoshi Kouichi
身長:168cm
体重:59kg
Twitter:takokabeuji
mixi:227981
facebook:takokabeuji
カウンター
カレンダー
05 2017/06 07
1 2 3
4 5 6 7 8 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[04/02 ヒロ]
[02/06 龍]
[02/05 龍]
[01/24 輪音]
[03/26 多機能ペン好き]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © powertac.blog.shinobi.jp All Rights Reserved. 忍者ブログテンプレート