ブンボーグA(エース)他故壁氏が、文房具を中心に雑多な趣味を曖昧に語る適当なBlogです。
常に「筆記具をどう持ち歩くか」考えています。
数本をまとめて持ちたい。
可能な限り軽量にしたい。
さっと取り出せるデザインがいい。
蓋などなくて、ペンがクリップで留まっている程度のものでいい──。

今のところ、大丸藤井セントラルで買い求めたソメスサドル製ジョッターペンケースが、最も理想に近い形だと思っています。

ただ、ジョッターペンケースに入っている筆記具たちは、一軍選手ではありますが、革製ケースに見合うデザインと重厚感を併せ持つ、どちらかというと高級筆記具に属する「魅せるラインナップ」になりがちです。
なかなかここに150円のアクロボールとか差せないんですよね。

で、いいものはないかといつも目を光らせていたのですが──先日、Twitterで見かけたのがアーティミスのポケットペンケースでした。
胸ポケットに入れてポケットガードにもなる小型薄型のシンプルなペンケースで、入れたペンはクリップで留まっているだけのサック(袋)状態です。
革風に見えますが、合皮で軽く、汚れにも強そうです。
これならジョッターペンケースと同じ運用方法で、より気軽に使えそうです。



というわけで、購入してみました。
あまり太いペンは想定されていないようで、5本入れるなら細身のものに限定したほうが良さそうです。
奥までぐいと入れれば抵抗が生まれるので、そこまで落ちやすいということはなさそうですが──やはりクリップのある筆記具限定にしておいた方が無難でしょう。



ペンの取り出しやすさは一目瞭然です。さっと取り出せ、またぱっと戻すことができます。



反対側にはベロが出ています。トスカーナシリーズの空押しがされていますので、こちらが表なのでしょうかね。



シャツの胸ポケットに忍ばせるときは、ベロを外に出します。

筆記具専用のペンケースとしては、これでまったく問題ありません。
ただ、これだと太めのペンや四角い消しゴム、定規やテープのりといった立体物は持ち運びようがありません。
なので、そちらはまた別のペンケースを用意します。



同じくアーティミスのスリーポケットペンケースです。
大中小の3ポケットに分割されたビニールペンケースで、拡げた状態なら薄く、二つ折りして背面のスナップで止めると細長い通常のペンケース形態にもなる製品です。
このふたつのペンケースで、しばらく使い勝手を検証してみようかと思っております。

あと、これは小生の妄想ですが。
このポケットペンケースを縦方向から差し込んで複数枚を持ち歩けるケース(ポケットペンケースをカートリッジに見立てる)があると嬉しいですね。
鞄の中に定位置があり、そこから必要なカートリッジ(ポケットペンケース)のみをすっと引っこ抜いてポケットに、あるいは机上に取り出し、中のペンを使う。
そういうシステマチックなペンケースがあると最高ですよね。
何か代用できそうなものはないかしら……。

拍手[1回]

    
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
 
[1841]  [1840]  [1839]  [1838]  [1837]  [1836]  [1835]  [1834]  [1833]  [1832]  [1831
プロフィール
HN:
他故壁氏
HP:
性別:
男性
趣味:
文房具/小説/写真
自己紹介:
読み方:Tako Kabeuji
所属:ブング・ジャム
POWERTAC
Project T.A.C.
小説執筆時PN:楽光一
読み方:Tanoshi Kouichi
身長:168cm
体重:59kg
Twitter:takokabeuji
mixi:227981
facebook:takokabeuji
カウンター
カレンダー
04 2017/05 06
1 2 3 4 5
7 8 9 10 11
15 16 18
22 24 25
28 29 30 31
最新コメント
[04/02 ヒロ]
[02/06 龍]
[02/05 龍]
[01/24 輪音]
[03/26 多機能ペン好き]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © powertac.blog.shinobi.jp All Rights Reserved. 忍者ブログテンプレート