ブンボーグA(エース)他故壁氏が、文房具を中心に雑多な趣味を曖昧に語る適当なBlogです。
2016年9月の発売当初から気になっていました。
ただ、店頭でもほとんど見かけることがなく、文房具に対する意識が万年筆以外に向いていた時期が挟まったこともあって、頭の片隅に残りつつもその存在が意識の水面まで浮上してくることはありませんでした。

そして、2017年4月。
納富さんの書かれた記事に触れて、急浮上してきたその存在。
やはり、触りに行こう。
触って、書いて、確かめよう。
いま手許にある、「人生最良の万年筆」と信じて疑わないカスタム743フォルカンを超える存在なのかどうか。

G-itoyaに在庫があるのは知っていました。
店頭で係の方にお願いして、実際に触れて、書いて、そして──決めました。



パイロット、カスタム漆
今までに出会った万年筆の中で、間違いなく最高の万年筆です。



30号ペン先は巨大で、ボディも太く、カスタム漆は我が家にあるあらゆる万年筆で最大のサイズです。
それでいて、見た目より軽い。
漆によってコーティングされたエボナイト軸は、持って疲れるような重量を有していません。
キャップを外して書くのが、このペンの流儀です。
ボディは大ぶりですが、あくまで軽快。
取り回しも良く、そして快適なインクフロー。

カスタム743フォルカンは板バネのようにしなり、弾力を楽しむ万年筆でした。
対してカスタム漆は、ペンの当たりそのものが柔らかいのです。そして、いっさい筆圧を掛けることなくペンの重量だけでするりするりと文字が書けるこの嬉しさと言ったら!



5号ペン先を持つカスタム74と並べてみました。
とにかく大きいです。
でも、大きいからと言って書きにくいかというと、そういう感じは一切しません。
このペンは、机に座り、背筋を正しく伸ばし、便箋でもハガキでもノートでも、とにかく大きめの文字をゆっくりと書くための存在です。
5ミリとか6ミリとかではなく、もう少し幅の広い罫線に。
あるいは、罫などない紙に対して。
手から、心から、ペン先を伝わって文字が滑り出してくる。
大切にしていた言葉が、するりと紙に染みていく。
そんな感じを味わう存在です。

カスタム漆を入手したことにより、小生の万年筆はその出番が整理されたような気がします。
カスタム漆は自宅用ですね。持ち歩きはカスタム743フォルカンと、細字に戻したキャップレスカエデがありますから。
フォルカンの楽しさ、キャップレスの便利さは、カスタム漆の存在と重なることがありません。
常に持ち歩き、万年筆で書きたいと思ったときにすぐ取り出すことのできる位置にいるのが、カスタム743フォルカンとキャップレスカエデ。
そして、自宅でいつでもスタンバイしているのが、カスタム漆。
それ以外は──いったん休眠モードでしょうかね……。

カスタム漆は一生使い続けて、いつかは息子に譲り渡したい──そんな気持ちになる一本です。完全に「ひと財産」と呼べる存在ですので、大切に使っていきたいですね。

拍手[2回]

    
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
 
[1842]  [1841]  [1840]  [1839]  [1838]  [1837]  [1836]  [1835]  [1834]  [1833]  [1832
プロフィール
HN:
他故壁氏
HP:
性別:
男性
趣味:
文房具/小説/写真
自己紹介:
読み方:Tako Kabeuji
所属:ブング・ジャム
POWERTAC
Project T.A.C.
小説執筆時PN:楽光一
読み方:Tanoshi Kouichi
身長:168cm
体重:59kg
Twitter:takokabeuji
mixi:227981
facebook:takokabeuji
カウンター
カレンダー
06 2017/07 08
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[07/16 きたきつね]
[04/02 ヒロ]
[02/06 龍]
[02/05 龍]
[01/24 輪音]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © powertac.blog.shinobi.jp All Rights Reserved. 忍者ブログテンプレート