ブンボーグA(エース)他故壁氏が、文房具を中心に雑多な趣味を曖昧に語る適当なBlogです。
大丸藤井セントラルとソメスサドルのコラボ5×3カードジョッターを購入してから、高級筆記具を気軽に持ち歩いて使用する機会が増えました。



これと同時に、iPad Airを繰るのにめっちゃ便利なので、フリクションボール4に装着したSMART-TIPもまた手放せないものになりました。



白軸につけている銀グリップが、パイロットコラボのSMART-TIPです。
下段はノーマル状態のフリクションボール4 WOOD。
ところで、以前の記事で「パイロットコラボのSMART-TIPはフリクションボール4に装着できる」と豪語したのですが、実はフリクションボール4 WOODでは快適に使用することができません。



つけてみました。
まったく使えないわけではないのですが、ノックが引っかかることがあります。
個体差かもしれませんが、スムーズでない瞬間があるとやっぱり気持ちが良くありません。
そこに本家であるUNUSが「フリクションボール4に対応」を謳う新型を出してきました
これは試さざるを得ませんよね。



赤グリップが今回の新型です。
グリップもチップも、僅かに太くなっています。



握ってもあまり差は感じないのですが、チップをつけ替えようとすると径が違うのが判ります。
最初のUNUSのフリクションボール3用、パイロットコラボのフリクションボール3用、そして今回のフリクションボール4用は、総て互換性がありません。

ここまでは予想の範疇です。
フリクションボール4 WOODは常にジブン手帳カバー《ケラウノス》に収納されているペンですので、iPad Airを操作するシーンで使用することは稀です。
では、この紅いグリップはどこに使うために?



Dr.Grip 4+1のグリップのネジピッチは、フリクションボール3と同じです。
なので──



こういう合体が可能なのです。
Dr.Grip 4+1 Acroink 0.5mmバージョン(芯をアクロ芯BVRF-8EFに換装)をタッチペン化です。
現在最強のボールペンのひとつと呼んで過言ではないでしょう。
小生はジェットストリームでは「滑りすぎてしまう」派です。アクロボールの0.5がぴったりしっくりジャスト使用感なのです。

ただ、難点がないわけではありません。



専用設計ではないので、シャープユニットが不安定です。
きっちり押したつもりでも書いていて引っ込んでしまったり、がっちり押し出すと今度は他のノブを押しても戻らなかったり。
現在の小生の運用では、Dr.Grip 4+1のシャープは「ほとんど使われない」ので、実はあまり問題を感じてはいません。ボールペンの黒、赤、青、緑を使う分にはノック不良は皆無なので。
だから、シャープユニットをメイン使用している方にはお薦めできません。

しかし、この赤は情熱的で素晴らしいと思います。
ユニットの要として、常にそこにいてほしいペンです。

拍手[2回]

    
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント   絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード
 
[1626]  [1625]  [1624]  [1623]  [1622]  [1621]  [1620]  [1619]  [1618]  [1617]  [1616
プロフィール
HN:
他故壁氏
HP:
性別:
男性
趣味:
文房具/小説/写真
自己紹介:
読み方:Tako Kabeuji
所属:ブング・ジャム
POWERTAC
Project T.A.C.
小説執筆時PN:楽光一
読み方:Tanoshi Kouichi
身長:168cm
体重:59kg
Twitter:takokabeuji
mixi:227981
facebook:takokabeuji
カウンター
カレンダー
09 2017/10 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[07/16 きたきつね]
[04/02 ヒロ]
[02/06 龍]
[02/05 龍]
[01/24 輪音]
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © powertac.blog.shinobi.jp All Rights Reserved. 忍者ブログテンプレート